投資信託の名義変更に伴う、贈与税について教えてください。

投資信託の名義変更に伴う、贈与税について教えてください。
母が病気で余命が残り半年~1年の宣告を受けました。
母名義の投資信託が約1000万円あります。
母が証券会社の担当者を自宅に呼んで、投資信託の名義を私に変更するように頼んで手続きをしました。
証券会社の担当者も解約されたくないのか、贈与税については何も説明がありませんでした。
後日、知人から亡くなった日の3年前に名義を変更した場合は、贈与を受けた年に贈与税が30%かかってしまい、かつ相続の時には相続財産に加算され、相続税10%の対象となってしまうと教えてくれました。
その年に100万以上の金額の名義変更は税務署へ報告されてしまうと聞いたことがあります。
まだ名義変更の手続き終了の通知は来ていませんので証券会社内の手続きが完了しているかどうか微妙です。
そこで質問です。
①このままだと贈与税と相続税が2重に課税されてしまいますか?②名義変更を取り消して税務署へ報告されないようにする方法はありますか?③相続時精算課税制度を選択する方法の他に贈与税が課税されずに済む方法はありますか?ご教授をよろしくお願いします。

①相続開始前3年以内に行われた贈与は相続財産とみなされて相続税の課税対象となりますですから、贈与があった時点では贈与税が課税され、相続が開始したときは相続税の課税対象となりますが、当初支払った贈与税は相続税から控除されますから2重に課税されることはありません②証券会社に名義変更を取消すように依頼すれば大丈夫です③相続時精算課税制度を選択する方法の他に贈与税が課税されずに済む方法として、①直系尊属から贈与を受けた住宅取得等資金のうち一定の要件を満たすもの②直系尊属から一括贈与を受けた教育資金のうち一定の要件を満たすもの③直系尊属から一括贈与を受けた結婚・子育て資金のうち一定の要件を満たすものがありますが、それぞれ適用要件が定められていますからご確認ください

早速回答いただきありがとうございます。

当初支払った贈与税は相続税から控除とは自分が相続分した他の相続分に課税される相続税(私が支払う分)と通算できると言うことでしょうか?

また贈与で受けた投資信託1000万円が相続財産に加算され協議分割後に課税された相続人は相続税が増えるだけですか?

何度もすみません。よろしかったら回答いただければ幸いです。>失礼を承知ではっきり言うと、29年中に母が死亡すれば相続税のみ、30年以後に母が死亡すれば贈与税課税。3年以内なら贈与税が課税された上で相続税が課税されるが、二重課税にならないように贈与税の一部が相続税から控除される。>

投資信託の積立をどこで行うべきか教えてください。

投資信託の積立をどこで行うべきか教えてください。
毎月の投資信託の積み立てを考えています。
今は、ネット銀行に特定口座があり、投資信託を二つ持っています。
ただ、ネット証券のほうが、手数料も安いし、便利だと良く聞きます。
毎月の積み立てを行うならば、ネット証券を新たに作ったほうがいいのでしょうか?その場合、ネット銀行の特定口座をどうするべきなのでしょうか。
もしくは、積み立てもネット銀行で行っていけばいいでしょうか。
投資信託としては月々3~5万円くらいを考えており、長く持つ予定です。
なので、NISAは適していないのかとも思っていますが、素人ですのでよくわかりません。
アドバイスいただけますよう、お願いします。
補足特定口座は複数持つことができるのでしょうか?

ネット証券は購入手数料がかからず、従来の金融機関で扱っているものよりコストが安い投信があるので、積み立てをされるならネット証券の方がいいと思います。
売却せずに長期で持つならNISAは利用された方がいいと思いますよ。
トータルでプラスになる確率の方が高いですから。
ただ年間でNISAの枠を超えてしまうような金額を積み立てる場合は途中でエラーとなってしまうので、あらかじめ超えない程度の積立設定と、並行して特定口座への積立を設定しないといけないようですね。
セゾン投信など一部の投信会社では、まずNISA優先で積立、溢れたぶんを特定口座で積み立てるようなことを自動でやってくれるところもあるようです。
(SBI証券や楽天証券、カブドットコム証券では今のところできません)特定口座にするかどうかについては、これは作らない理由がないと思います。
もちろん源泉徴収で。
将来、売却益が出た場合の確定申告がめんどくさすぎますから。
(脱税したいならご自由に・・・)

特定口座は金融機関ごとに持てますよ?NISAはどこか一つだけです>まだ決まっていませんが、積立NISAの仕組みが出来るという話が出ています。今のNISAは5年ごとの更新になりますが、積立NISAの原案では20年間続くらしいです。年40万が限度ですがこちらの方が積立するなら使いやすいかなとは思います。ただし株への投資も考えているなら現行NISAの方が良いので、そこは投資方針からの選択になります。>投資信託の積立ならネット証券で、投資信託をほぼ専門に扱っているフィデリティ証券がお勧めです。
口座を新規開設すれば手数料がどんな投資信託でもゼロになるサービスもあります。
投資信託を積み立てる場合、毎月手数料を取られるのはあり得ません。
NISA口座は投資家一人につき一つしか作れませんが、特定口座は1証券会社1口座で、何社でも開設できます。
投資信託はフィデリティ証券がお勧めで、株式はSBI証券がお勧めです。
月々5万円であれば、年間60万円ですので、NISA口座がお勧めです。5年間という期限がありますが、売却時に譲渡益課税(20%)が非課税なのは魅力的です。>どこでもいいでしょ!買いたい投信が何なのか知らないけどその投信が買えるところでやればいい!同じ投信だったらどこで買っても信託報酬は同じ!購入手数料は販売会社ごとに違うけどノーロードが当たり前でしょ??まさか購入手数料がかかるやつを買ってる??としたら論外!w どこで買うかとか言ってないでもっと基本的なことを勉強してくれ!
特定口座は各金融機関で1口座ずつ!NISAは1人1口座!確定拠出年金に入れるなら確定拠出年金で投信を積み立てたらいい!あとはNISA!来年から積み立てNISAもスタートするっていう話だし!>

投資信託について教えてください

投資信託について教えてください先日、再投資報告書(兼 分配金報告書)がとどきました。
が、分配金が少なくなっています。
内訳は・・・2016年10月一万口当たりの分配金単価普通分配金 0円元本払戻金 7500円普通分配金 0円元本払戻金30829円国税、地方税 0円税引後分配金 30829円これが・・・2017年01月一万口当たりの分配金単価普通分配金 4400円元本払戻金 600円普通分配金18086円元本払戻金 2466円国税、地方税 0円税引後分配金 20552円1月は1万円ほど少なくなってしまっているのですが何か理由があるのでしょうか?

運用が下手でこれ以上だせなくなったので減らしただけです。
毎月分配型は非効率なぼったくりファンドなんである意味当然です☆

最近になって、特に米国REIT系の投信で分配金を引き下げたものがいくつかあります。普通分配金を受け取ることが大切ですので、運用効率を良くするためにも現在の状況の方が好ましいのではないでしょうか。>分配金が減額されたとか普通分配金だから課税されたとか!手取りが減ったのはそういう理由でしょ!
その投信は分配金をエサにして金融リテラシーの低いバカな投資家に買わせてたんでしょ!でも分配金を出すとそのぶん基準価額が下がるから!それで分配金を維持するのがしんどくなった!で分配金を減額した!って感じでしょ!
特別分配金を出すと個別元本が下がる!そうすると売却時に課税されやすくなるし普通分配金にもなりやすくなる!普通分配金が喜ばしいとか言ってるバカな回答者がいるけどそんなことない!基準価額が大きく上昇して普通分配金になったわけじゃなくて個別元本が下がったせいで基準価額がそんなに上がってなくても課税されるようになっただけ!>どこも運用成績がふるわないので、分配金引き下げをやってます。

でも 本当に利益である「普通分配金」が増えて むしろ喜ばしい事だと思います。「元本払戻金」は 高い運用報酬(年1.5-2%程度?)を 毎日日割りで引かれながら、自分のお金をおろしているようなものですから。

(投資判断は自己責任でお願いしますが、解約して定期預金等にすれば 逆にわずかですが、利息をもらえてました)

老婆心ながら、効率の悪い毎月分配金は お奨めしませんが。「毎月分配 投資信託 デメリット」で 検索すれば、沢山出てきますよ。>

投資信託を売却する場合について質問です。

投資信託を売却する場合について質問です。
解約請求と買取請求の2種類を選択でき、特定口座で源泉ありの場合、どちらを選択した方がいいのでしょうか。
2つの売却方法の仕組みについては概ね理解しておりますが、、、2009年以降、配当所得と譲渡益という税法上の区別はなくなり、税法上の取り扱いに違いはない様ですが、、、証券に関して詳しい方が見えたら教えていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

法人の場合に限り、解約と買取に違いがあるため、未だに両方の選択ができますが、個人の場合は基本的に違いは無く、どちらを選んでもOKなのですが、一定期間内に別の証券会社へ入庫した等の特殊事情がある場合、稀に、買取請求だと不利になる場合があるかもしれないと言われています。
個人の場合、間違いを避けるために、解約で売るべきだと思われます。

公務員が株式や投資信託などの投資活動を行った場合、本来禁止されているはずの副…

公務員が株式や投資信託などの投資活動を行った場合、本来禁止されているはずの副業に該当しますか?

株式や投資信託などの投資活動、資産運用については副業禁止規定の例外になっています。
例外はほかにもあり、①小規模の農業や林業、漁業、②小規模の不動産業、③寺院の住職などです。
農業をしながら公務員になっている人はたくさんいます。
農業は農繁期は忙しいですが、それ以外は暇なので公務員になる人が多いと思われます。

公務員の方で、株式や投信、債券を保有している方は普通にいます。問題ないと思いますけど。

ただし、業務そっちのけで株式取引をやるとか区役所の端末から発注するとかがばれると面倒なことになりますよ。ほどほどに。>余裕資金の運用は「業」では有りませんから何の問題も有りません。
デイトレーダーのようなことをすると問題になるでしょう。>公務員の株式や投資信託などの投資活動は、副業とはなりません、皆やっているし、聞いた事がありません。>

投資信託の信託報酬や買い付け手数料、解約手数料は、目論見書の条件から

投資信託の信託報酬や買い付け手数料、解約手数料は、目論見書の条件から変更されることはあるのでしょうか??気が付いたら、信託報酬が0.5%から1%に上がっているとか・・。
先日、信託報酬が低くなった投資信託があったので、逆のパターンもあるのか心配になりました。

不利益要件への変更は利用者の同意が必要なので大丈夫ですよ。

投資信託をしようと思っている、投資信託未経験者です。

投資信託をしようと思っている、投資信託未経験者です。
今後、月々4万~5万程積み立てていこうと思っています。
日本国の日経225のみに投資!などは怖いので、色んな資産に分散しようと思っています。
最初は資産分散型パッケージ?のバランスの商品を2つぐらい買ってそれぞれに月2万~3万程投資しようと思っていました。
が、卵はひとつのかごにもるな、などの定石を応用すると運用会社もひろく浅く分散したほうが良いでしょうか?(倒産?するというような心配もありますが、それより運用会社によって成績が違うな~、と思っています。
)例・同じような商品でも複数社買う。
・資産分散型なども複数買う。
・資産分散型商品も含め、さまざまな商品10~15程それぞれ3~4000円づつ積み立て投資する5年~10年の運用をしようと思っていますが、商品がありすぎて、どれがいいかわからないので維持コストが安めの会社のみに絞って買おうと思っています。
・たわらノーロード・ニッセイインデックス・eMAXIS・三井住友TAM・三井住友DCファンド・大和投信iFree・野村Funds-iあたりちなみに緻密なポートフォリオは考えていません、ある程度ざっくりのポートフォリオでいいかなと思っています。
ということで聞きたいのは①資産分散のバランス一本を選びきる! ②いくつかの商品に資産分散してそれなりに投資!③広く浅く、小分け、小分けにして投資!どれがおすすめですか?またみなさんどうされてますか?できれば結論のみではなく、理由も教えていただけると勉強になります。

2番、日本株投信、外国株投信など、一つのジャンルに投資する投資信託を複数買うのがよいと思います。
バランスファンド1本でも分散投資の効果は期待できますし、運用会社が潰れても投資信託の保有者にはあまり被害は出ない仕組みになっているので、1つの投資信託だけを保有するリスクはあまり神経質になる必要はありません。
インデックスファンドであれば、運用会社によって成績は大きく変わることも滅多にありません。
しかし、バランスファンド1本だけに投資すると、どういう理由で儲かったのか損したのか分かりにくくなります。
日本株は上がったけどアメリカ株は下がった、などという現象を常に見ることで、そのうち相場観が生まれてきます。
できれば、日本株投信、アメリカ株投信、ドイツ株投信、インド株投信なとといったように、一つの国を対象とする株式投信を持ちたいのですが、日本、アメリカ以外は信託報酬が高いものが多いので悩ましいです。

確かに1だとなにが起きてるかわからなくなりそうですね。現実的にはインデックスで2かなと思ってきました。参考になりました。ありがとうございました。>どうしたら いいかなど 自分で判断。

昔 セミナーで、説明され 買い付けた投資信託。

下落 呆れて放置。

現在、毎月分配再投資だったので
基準価格 下落したままですが
評価額上昇。

数十万の投資で
たぶん 数年か!?三桁の評価額期待しています。

買い付けにつて
よく言われている 分散投資型は

中での、足の引っ張りあいで…

複数 買い付け 通算で処理の方が…???>勉強だと思って3がいいけど、
インデックスファンド中心なら2
そこまで差がつかないから。

アクティブファンドは
同じような商品でも複数社見比べると成績は結構違います。>分散すればそれだけ、損益はすくなくなります

最初は、分散して収益が悪いのを徐々にやめて
お金をまわしてみてはどうでしようかね

分散すると、管理が面倒になるので、ほどほどに>私なら③を選択します。
おっしゃる通り「たまごを一つの籠に入れるな、複数の籠に分散せよ」という言葉に従えば、国内株、外国株、REIT等複数の商品に分散したほうがリスクは軽減されます。
世界情勢は常時変動しています。要人の一言や重要な指標の上下、為替の変動により基準価額が変動します。
そのためにも分散投資(できれば一度に購入せずに時間を分けて購入)を勧めます。>

投資信託は株のように先が読めないとできませんか。
投資信託初心者なのでこれは絶…

投資信託は株のように先が読めないとできませんか。
投資信託初心者なのでこれは絶対いえる理論とかありますか。
世界情勢も関係ありますか。

株式投資や投資信託(株式や債券、不動産、商品に投資する)は日々価格が変動します。
世界情勢をいくら勉強しても、相場に勝つのは困難です。
ごくごく一部の運が良い方だけが勝利者になれる世界です。
従って、投資の勉強は時間的にも無意味ですから、下記サイトで推奨されている「放ったらかし投資術」がベターです。
下記サイトで推奨されているファンドを買って、20年間、30年間放ったらかしにするのです。
短期売買には、運と知識が必要ですが、長期投資には、運も知識も不要です。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/fund/yamazaki/0246…なぜ、世界の株式に投資するかは下記サイトを読めば理解できますよ。
http://www.cantan.co.jp/chouki/equity.htm

投資信託はすべてプロにお任せするという投資商品です
中身はいろいろごちゃ混ぜになっており
素人では実際何をやっているかはわかりません
理論とかわからない人が
とりあえず簡単に投資をしてみたいという場合におすすめです
ETF(上場投資信託)というのもあります
日経ETFなら日経平均株価と連動する商品です
個別株は難しいという人におすすめです>先を自分で読まなくても運用していけるのが、投資信託のメリットですよ。もちろん世界情勢も運用資産の価値には関わってくるでしょう。>

投資信託について質問です。

投資信託について質問です。
国債の比率が60%ぐらいのファンドラップをしようかと考えているのですが、この先日銀による国債の購入が無くなった場合、債券価格が下落して利回りが上がると思うのですがファンドラップの運用にはどのような影響があるのでしょうか?債券価格が下落するんで大損するようなイメージですがあってますでしょうか?宜しくお願いします

それよりも ファンドラップで、毎年1.5-2%手数料を取られて、個々の投資信託で1-1.5%の運用報酬を取られたら、国債の比率が60%のファンドで 利益が残るのでしょうか?下記の記事を 読まれてから、判断されては いかがしょうか?「専門家アンケート」で専門家5人中3人が「最も買ってはいけない金融商品」に挙げたのが「ラップ口座(ファンド・ラップ)」だった。
(リンク先のページ 後半に書かれてます)http://diamond.jp/articles/-/71789

ファンドラップは…止めた方がいい(理由はmiura423さんと同じ)

国債の比率が60%ぐらい>>なら、
主様の運用資金の60%で国債購入したら?と思います

残り40%は日本株&外国株(ETF)などに割り振る
どれが良いかは知りません…あしからず>

投資信託について質問します。

投資信託について質問します。
配当金のある投信は、その分、元本が目減りしていくので配当金のないもののほうがいいと聞きますが、本当でしょうか?配当金のない投信は何となくお金がいただけると実感がないのですが、比較的成長が見込めて、配当金がそこそこあるようなおすすめの投信はないでしょうか?やはり投信も、配当金で儲けるのではなく、キャピタルゲインで儲けるのが基本でしょうか?

株式は配当金と言いますが、投資信託は「分配金」と言いますね。
資産形成には、分配金を出さない投資信託がベターですね。
下記サイトを読めば理解できますよ。
http://investmenttrust.biz/投資信託を買いたいなら、下記サイトで紹介されているファンドを選択すると宜しいですよ。
http://noload.558110.info/

わかりやすいサイトをご紹介いただき、ありがとうございました。
特に二つ目のサイトで、適した投資先を考えてみます。>どっちが良いとは限りませんが。
投資信託の分配金と言うのは、預金や株の利子や配当と違って、中身で利益が出てようが出てまいが、ちょびっとずつ売って、受け取ってる、仕組みとしては年金みたいな感じですかね?
利益が出てる時は利益分から売れば良いけど、損が出てる時も同じように受け取るので、投資した資金を払い戻ししてるようになります。
分配金は、普通は中身で得る利子や配当よりも多い訳で、最近だと無理矢理、キャピタルゲインの機会を減らしてインカムゲインの率を増やした投資商品も出回ってますが。基本的には、分配型投資信託は、複利運用の反対で、年金と同じ考え方で、受取りを重視した運用です。
悪い所だけではなく、資産価値が値上がりする過程にあっては、細かく利益確定してる事になるし、資産価値が値下がりしてる過程では、細かく損失確定してる事でもある。
それを自動的にお任せしてるって事です。
個人的には、まだ仕事をしてて、年金とか毎月の収入とかが必要ではないので、毎月分配の投資信託を利用しようとは思いませんし、ソモソモ、毎月分配型の分配率の高い投資信託は、中身に馴染みがないのと自分の相場感覚の制御下にないので買おうとは思いませんが。
個人的な相場感覚的に、お勧めは、今すぐではないのですが…アメリカのハイイールド系の投資信託(デリバティブの複雑な仕組みを持たないモノと信託期間無期限のモノに限る)ですね。
これらが、来年か再来年か位で、分配金を下げて、資産を減らして来たら、買ったら良いと思います。
根拠は、流れとしてのドル高、原油の底値、アメリカのインフレは進まない。です。
自分で相場を見てるからか、投資信託とか、特に毎月分配型とか、自分では買わないしあまり好きではないんだけど。。。
大衆受けするそれらの中で、ドル高円安の流れで、純資産も膨れ上がり過ぎてて、来年か再来年には急激に減るであろうこの市場は、7%金利から、2~3年は4~5%になり、今はCDS高まって10%とかでしょ?
ここから皆が投げて来るから…買っても良いのかなぁ?と思うんだよね。。。>

投資信託のリターンについて

投資信託のリターンについて※手数料、分配金等を一切考慮しないものとします。
考え方を知りたいだけです。
2017年1月からある投資信託を毎月積立で10000円分買うとします。
1月の月次リターンは0.16%でした。
10000 * 1.0016 = 10016元本に対し16円増えました。
2月は 10016 + 10000 = 20016 2月の月次リターンは-3.14%でした。
20016 ー (20016 * 0.0314) = 19387.49元本に対し612.51減りました。
こういう考え方でいいのでしょうか?もし違う場合、どのように計算したらよいか教えていただけますでしょうか。

月次リターンっていつからいつまでのリターンなんだかわからないけどな!まぁ%で計算するならそんな感じ!正確には基準価額と口数で計算しな!毎月1万円で何口買えるかはわからないけど口数がどんどん増えていく!その口数に今の基準価額を掛けたら時価になる!その時価と合計の購入代金との差額が損益!

投資金額が1万円あります!

投資金額が1万円あります!効率的に増やすとしたら、どんな方法がいいでしょうか?

投資信託や株式投資ですね。
1万であれば、そんなに増えませんが。

会社で投資信託はしてますか?

会社で投資信託はしてますか?

投資信託会社に、大量の株を持たれています。

NISA枠での投資信託について(初心者です)。

NISA枠での投資信託について(初心者です)。
就職先が金融関連で、勉強の為にもとNISA枠で投資信託をしなければなりません。
投資信託というと何となく手数料ばかり取られるイメージを持っていますが、資産を投げうるつもりで完全勉強のために投資するつもりです。
なので、最初は投資予算(3-10万円)程で、安定性重視、ノーロード投信or手数料が低いものを購入するつもりなのですが、、、どういったものを選んでおくのが無難でしょうか?(具体的な商品ではなく国内株式やらREITという意味では。
無論自己責任です。
)また、私が開設するところは1万円から購入できるとありますが、それは1つのファンドに対して1万円ということですよね?分散投資すべきと聞きますが、そうすると(利益やリスクを気にした場合)自然に複数のファンドを購入しなければならないのでしょうか?

分散投資とは、日本だけとか株式だけとか偏らないように、国内外の株式や債券、REITに、投資割合に応じて投資先を散らばらせること言います。
最近は、このような一つのファンドで複数の資産に投資できるバランスファンドがいろいろ出てきました。
資産配分もいろいろ個性があり、ノーロードでコストとなる信託報酬も以前に比べれば低くなっています。
証券会社にもよりますが、最近は100円から購入できるところもありますが、この場合は投資とは言えないと思います。
通常は5000~10000円くらいからが妥当だと思います。
バランスファンドでなくても、各資産に特化する商品を組み合わせることも可能です。
この場合もノーロード、低信託報酬の商品もたくさんあります。

就職先の会社で推奨されている資格の中に求めるものがありませんか?知人の銀行では、就職後に様々な資格を取れと言われ、勉強のため時間が取られると聞くので、将来のプライベートの時間確保のためにも資格勉強したらどうですか?>商品を選択する能力をつけるのも投資信託をしなければならない目的なのでは、ここに質問して応えを得ても意味ない>

投資信託の約定日と取得単価について質問です。

投資信託の約定日と取得単価について質問です。
現在、SBI証券で定期的に投資信託を購入しております。
約定日は、午後3時までの注文なら翌営業日、午後3時以降ならよく翌営業日になります。
ここで質問です。
例えば、あるファンドの商品を注文した際、注文したその時は基準価額が1000円だったとします。
しかし、約定日である翌営業日の営業時間までに1100円に変わっていました。
この場合、取得単価は1000円と1100円どちらになるのでしょうか?信託報酬等の計算は省いて頂いて結構です。
どなたかご回答よろしくお願いします。

約定日の1100なので、振れ幅の大きいものだと思ってた金額から少し離れることもあります。

約定日の基準価額だろ!それが1100円なら1100円!
『注文したその時は基準価額が1000円だった』っていうその1000円はいつの基準価額なのか??おそらく注文日の前営業日の基準価額だろ??その次に出る基準価額は注文日当日の基準価額でさらにその翌営業日に出る基準価額が約定日の基準価額!それで買うことになる!
まぁ約定日が翌営業日とは限らないけどな!ファンドによっては当日とか翌々営業日っていうものとかもある!
それと『信託報酬等の計算は省いて頂いて結構です』とか言ってるけど信託報酬なんて何も関係ないだろ!www 信託報酬を控除したうえで基準価額が出てるんだから!そこは購入手数料0のノーロードという前提でお願いします!ぐらいの補足でいい!そうしないとバカがバレる!www>

【投資信託の衝撃】投資信託の手数料って最初の一回じゃなくて年なんですか?

【投資信託の衝撃】投資信託の手数料って最初の一回じゃなくて年なんですか?毎年、2%の手数料を払うの?ってことは10年間投資信託にお金を預けてるだけで元本の2割は確実に減るってこと?無茶苦茶やないですか。
投資信託に200年預けたら元本全部無くなる計算の金融を金融商品って言っていいの?!さらに分配金を払うので実際には200年より先に元本がゼロになる計算。
200年経ったら預けた人も死んでるので金融業者も上手い金融商品考えたなあと思った。
保険会社もクズで証券会社もクズで病院もクズで歯医者も1回で治療出来るものをわざと複数回に分けて完璧に治さずに歯医者に通い続けさせるクズ時代。
まともな商売はないのか。
弁護士もお金を貰えれば犯罪者でも擁護するしクズに塗る薬はないのかね。
世の中、金が全てな人がいるから優しい善良な人が騙される。
銀行に騙されるってどうなんだ?

5年で半分くらいになるでしょうね。
それが、今、売れ線の投信の正体です

投資信託、オススメ商品はありますか?

投資信託、オススメ商品はありますか?銀行で投資信託を検討しています。
販売員のいいなりになる前に、今の所のオススメ商品があれば事前に知っておきたいです。
ここで教えていただいたファンドが、その金融機関で取り扱いがあるかはわかりませんが、類似商品はあると思うので、教えてください。
理由も併せて教えていただけるとありがたいです。
補足銀行で購入するときの手数料や信託報酬、販売員の売りたい気持ち、それは理解しています。
付き合いでその金融機関で購入しないといけない状況なので、カモだとしても今回は仕方ないなと思っています。
どうせ買うなら、販売員の勧める見栄えが良いだけの毎月分配型投信よりも、皆様が個人的に魅力だと感じ購入されている商品を教えていただき、その中から銀行に似た商品があるかを検討したいと思った次第です。
まず銀行だと購入手数料だけで手数料が2.5?3.5%くらいかかるので、皆様が購入されている投信とにているものなんかないかもしれませんが、投資先で選んでいる商品であれば少しでも類似品を探すことができるかなと‥。
ちなみに、その販売員は若く、オーストラリアの複合型投信(毎月分配型)やブラジル債券(毎月分配型)など勧められました。
ブラジルて!なので、こちらで皆様なら何を購入されるのか参考にさせていただきたかったのです。

考え方が色々あると思いますが、その考え方、なぜその投信を選んだのか、ヒントとさせていただきたいのです。

どうしても銀行でなにか投資信託を買わなくてはいけないとたら、ネットバンキング専用の投資信託。
(手数料がやすめ)インデックスファンド(手数料がやすめ)国内債券モノ(手数料がやすめ)もし、どうしても銀行とのお付き合いとかで、数百万以上とかのある程度の大きな金額を買わなきゃいけないとしたら、私なら:国内債券インデックス系統、国内株式インデックス系統、先進国株式インデックス系統とか、いくつかのインデックス型投資信託に分散するとかにすると思います。
近寄らない方がいいモノは:「毎月分配型」知恵袋ではさんざん酷評されてるので、いまさら説明しにくいけど、資産形成には不向きな高コストなモノが多い。
「外貨建ての**」(ブラジルとか、オーストラリアとか、南アフリカとかの国の名前がはいったら要注意。
手数料や為替リスクが高すぎる)「テーマモノ」(医療関連とか、エネルギー関連とか、IT関連とか、フェールガスとか、女性のチカラとかの、いま話題の旬のテーマに絞ったものはたいていは、今がピークでその後はだらだらと下がっていく。
)「複雑な仕組みのモノ」、外貨建てプラス、カバードコールだの、オプション取引だの、ヘッジがどうしたこうした、、という、よくわからない言葉が沢山でてくる投資信託は、おおむね手数料が高くて、ファンドで想定している経済状況と逆に触れた場合に大きく価額が下がる可能性たかい。
「保険がらみ」(保険で資産形成を考えるのは、このご時勢ではそもそも割が悪い。
不向きなモノが多い。

どうしても銀行で買いたいなら、毎月分配じゃなくて、新興国じゃなくて、通貨選択じゃなくて、デリバティブを使ってなくて、ハイイールドじゃなくて、信託報酬が1%以下のものならなんでもいいんじゃないですか☆>はっきり言うと1回痛い目に合わないと何言っても信用してくれないと思う。
はっきり言って、銀行には悪いが信託銀行も含めて銀行が儲かる仕組みだ。銀行が儲かって投資家も儲かる仕組みなんか最初からないのだ。恥ずかしい話、私なんか同じ失敗を繰り返している。投資家が損するような商品ばかりです。金融商品取引法でいろいろな重要事項の説明が義務付けられているがほとんど守られていません。なので投資家は半ば不審に思いながらも契約しているのが現状だ。ではなぜこうも人気があるのか。それは偶に設けている投資家もいるからだ。それは銀行が頑張ったのではなくたまたま購入した経済環境が良かっただけである。同じ損をするなら自分で納得がいく株式投資をした方がよっぽどいい。自己責任だから文句のつけようがないということだ。
それでもどうしても買うということであれば、購入手数料も含めて今後どのような手数料や費用が発生するのかをちゃんと聞いておくことだ。そしてその説明は目論見書とか契約書に記載されている筈なので、その部分を指摘してもらいアンダーラインペンを引いてもらうことだ。大枚を投資するので時間がかかるが仕方のないことである。そして少なくともその手数料分を稼ぐには経済がどのように発展していなければならないのか、期間はどのくらいかかるのかを説明してもらうことだ。
元本が保証されないのは言うまでもない。>まず、銀行を信用しない事です。いいなりと言いますが、そもそも銀行が出している投資信託の商品を選ぶ事自体が、銀行のいいなりになっています。オススメと言いますが、目論見書(投資信託の中身)を見て自分に合った商品を購入する物です。例えば、株主体なのか?リートを組み入れているのか、国債を組み入れているのか、それらは国内のみなのか、海外のみなのか、国内外で分散しているのか、組み合わせによって、商品なんてごまんとあります。はっきり言って、銀行が一般人に言っても分からないだろうと誤魔化す為に、様々な商品を用意している訳です。そもそも、難しい用語が出てくるので敷居が高い様に思いますが、実際、簡単な言葉を使えば中高生でも概要は理解可能なレベルです。言葉のマジックですね。では何故難しい用語をパンフレット等で使うのか、お前ら分からないだろうと言う、銀行側の上から目線なわけです。つまり銀行に行く時点で既にもう負けてる訳です。まずは、モーニングスターの投資信託講座でも読んで、良く良く勉強下さい。https://www.morningstar.co.jp/moneyschool/fund/「毎月分配型」投資信託のしくみ、しっかり理解を(朝日新聞)http://www.asahi.com/sp/and_M/articles/SDI2017051657911.html毎月分配型投信だけじゃない、市場を跋扈する「タチの悪い情報」に注意せよ=街http://www.mag2.com/p/money/28515後、今後、信用取引と名のつくものは絶対に手を出さない事、借金地獄化します。必ず、現物取引で…。分からなければ必ず確認する事!>銀行への熱い猛反対www

投資効率を考えた時に、銀行取扱商品に比べて、費用やリターンの面でより良い商品があるのは事実ですが「顧客が軒並み損しかしてなくて銀行しか得しない」というのは被害妄想です。

銀行も商売なので、手数料を頂いて商品を販売してます。
なので服屋さんでの「お似合いですよ」と同様に勧める基調での説明にはなります。これは念頭に置いてください。デメリットや、どういう場合に損するかをよく聞いてみると良いでしょう。

質問者様が話を聞いてみて、商品内容・手数料(投信の販売手数料については手数料金額での説明が金融庁より指導されているので、教えてもらえるはずです)を確認し、さらに決めた商品について自分でも調べて、納得すれば買えばいいし、手数料やリスクが納得できなければやめたら良いと思います。

小額からできるので、いきなり全額ぶち込むのだけは避けて、複数に分散して勉強していくと良いと思います。

肝心のオススメ商品でない回答ですみません。
オススメ商品は質問者様の意向・投資の目的によりますので、選び方を習ってきてください。>投資信託を銀行で買うことはお勧めできません。
投資信託は投資信託会社が設計・運用し、銀行や証券会社が販売し、信託銀行が管理するシステムの金融商品です。
銀行が投資信託を販売する目的は、販売手数料を稼ぐためです。銀行が投資信託の販売によって得る手数料は銀行の収益の大きな柱になっており、本店から支店に大きなノルマが課せられているため、銀行員は投資信託の販売に目の色を変えています。
投資信託の運用は投資信託会社が行います。銀行は社会的な信用が高いので、銀行が取り扱う投資信託も信頼性が高いと勘違いされますが、銀行は運用していませんので、投資信託の運用成績には関係していません。
問題は銀行が取る販売手数料です。銀行の販売手数料は3.24%と非常に高率になっていますので、投資した瞬間に評価損益はマイナス3.24%になってしまいます。これでは投資になりません。
投資信託の手数料は販売会社によって異なります。
立派な支店や高給取りの社員を多く抱えている銀行や大手証券会社は3.24%という高い手数料を取りますが、立派なビルや営業社員をもたないネット証券は販売手数料を安く設定しており、手数料ゼロ(ノーロード)の銘柄を多く取り扱っています。
同じ銘柄でも取扱金融機関によって手数料は違います。
投資したいファンドは、ネットで調べることができます。
ヤフー・ファイナンスやSBI証券などのネット証券、投資信託の格付けをしているモーニングスターのサイトが参考になります。
モーニングスターのサイトには「目標金額に必要な利回りでポートフォリオを組む」というシミュレーションができるページもありこれは有力なツールになります。
個人的にお勧めできるのはフィデリティ証券のサイトです。投資信託のいろいろなランキングが検索でき、大いに参考になります。>

国税庁HPに

国税庁HPに 「利子所得とは、預貯金や公社債の利子並びに合同運用信託、公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託の収益の分配に係る所得をいいます。
」とあります。
"公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託"と並べて書いてますが、公募公社債等運用投資信託は、公社債投資信託に含まれないのでしょうか。
また、公社債投資信託にはどのようなものが含まれるのか教えていただけるとありがたいです(私募の投資信託も含まれるのかなと思っております)。
よろしくお願いします。

公社債投資信託と公募公社債等運用投資信託は別です。

ありがとうございました。>

投資信託の相続について教えてください。

投資信託の相続について教えてください。
投資信託の相続価格はいつの日に設定されるのでしょうか?調べてみますと、死亡日の価格、1ヶ月前の平均価格、2ヶ月前の平均価格等が書かれていますが次のような場合、どのように解釈すれば良いでしょうか?例です。
基準価格(購入時)10,000円で毎月の分配金が100円、現在の基準価格は4,000円を相続したいと考えます。
相続せずに死亡者のままの名義にしておけば、現状でいえば基準価格が購入時より大きく下がっていますので、分配金に税金がかからず分配金100円を得ることになります。
(死亡者の証券会社の口座にプールされる。
)しかし相続をして4,000円前後の価格にすると税金が引かれて80円の分配金になってしまいます。
投信1口での例ですのでたかが20円のことですが、口数が多いと大きく金額差が出ます。
質問は、上記の例のような場合相続せずにそのままにして何年も経って(償還時)相続することの方が有利に思えるのですがその通りなのでしょうか?よろしくお願いします。

相続時の評価(相続財産の確定のため)と、簿価とは違います。
相続時の財産評価としては、挙げられた3つの中から有利(低い)なモノを利用すれば良いですが、相続しても、簿価は引き継ぐ事が出来ます(=簿価については被相続人と同じ条件で保有する事が出来る)ので、個別元本よりも下の基準価格で出される分配金は特別分配金(元本の払戻金の計算で非課税)の扱いには出来ますよ。
ただ、特別分配金(非課税)か普通分配金(課税)かの判断は、購入時の基準価格と現在の基準価格を比較するのではなく、あくまでも個別元本(≒簿価)と現在の基準価格を比較する事になりますので、被相続人の 個別元本は特別分配金の額を差し引いたものになります。
この点については、被相続人の口座で管理しようが、簿価を引き継いで相続人の口座で管理しようが同じなので、償還まで待っても条件は同じです。
それから、相続は10ヶ月以内に相続税申告をする必要があるので、それを超えたからと言って、相続出来なくなる事はありませんが、早目に相続手続きまでを完了させておくほうが良いとは思います。
相続手続きを完了させない限りは、その資産は凍結されているので、売ることも、引き出す事も出来ませんので。

相続しないということは相続放棄することになり、分配金を受け取ることもできません。相続する場合は、名義変更が必要になります。

証券投資信託の評価額は、
死亡日の基準価額×口数-手数料や所得税
です。1ヶ月前の平均価格~というのは上場投資信託のことですね。

また、相続し名義変更したとしても、取得価額は引き継がれます。つまり「相続をして4,000円前後の価格にする」ことはなく、10,000円のままです。分配金に課税されるかされないかも普通分配金か特別分配金かで異なってきます。>>相続せずに死亡者のままの名義にしておけば、現状でいえば基準価格が購入時より大きく下がっていますので、分配金に税金がかからず分配金100円を得ることになります。(死亡者の証券会社の口座にプールされる。)

いえ、普通分配金は必ず20%課税されます。>

楽天証券とSBI証券どっちがいいですか?投資信託です。

楽天証券とSBI証券どっちがいいですか?投資信託です。

投資信託の銘柄数と 販売手数料ゼロ 0.4%以下の低信託報酬の銘柄数が多いのは、SBI証券です。
私は両方口座持ってますが、メインはSBIで サブが楽天になってます。

投資信託を利用した第二の年金作りについて

投資信託を利用した第二の年金作りについて退職を機に資金の中から、500~600万円位をINDEX型投資信託&ETF等を利用して、公的年金に追加する第二の年金として、SBI証券の定期売却制度を利用し、月額年金3万円位の個人年金を作る事を考えています。
そこで、以下の二つの組み合わせを考慮中ですが①信託報酬の安いニッセイインデックスファンドシリーズの中から、外国株式・外国債券・ワールドリートの組み合わせに、4:4:2の割合で投資する。
②ニッセイインデックスファンドシリーズの内、外国株式をバンガードのVT(ETF)に変えて同じ比率で投資する。
投資期間(年金受け取り期間)は10~15年を想定していて、個人年金と多少の値上がり益が出せればよいと思っていますが、経済情勢によっては期間途中で売却する事も考慮しています。
SBI証券の定期売却制度で、考えなければならない注意点&投信・ETFの組み合わせについて、更におすすめの物等が有れば教えて下さい。

2.は 売買手数料が1回27ドルもかかり、無理だと思います。
また 海外債券は期待リターンが数%なのに、為替リスクが20-30%もあり 割りに合わないかと。
信託報酬の安いニッセイインデックスファンドシリーズか国内ETFで、海外株式 国内債券 グローバルリートで 4:4:2くらいの組み合わせで どうでしょうか? 本当は お年から考えて(退職間近)、もっと国内債券の比率を 上げた方がいいのですが、そうすると年平均利回りが 落ちてしまいます。
3万円x12ヶ月/600万円=0.06 (6%の年平均利回りがあれば、元本が減らない)600万円/36万円=16.67年 (運用利回り0と仮定して)と 600万円くらい用意できれば、15年以上の運用は十分可能な気がします。
投資は自己判断でお願いします。

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)は 去年までは 良かったのですが、今年の2月から 100円の分配金の内82-98円が 元本払い戻しです(買った時期によって個々に違います。これらは あくまでも 平均の数値です)。今買っても 当分ほとんど元本払い戻しかと。

下記運用報告書のP2。リート関係はこの3年で かなり上がりました。まだまだ 上がるかも知れませんが、個人的には 高値圏だと思います。

http://www.daiwa-am.co.jp/system/files/news/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%8…

に米国リートは 9月にも予想される利上げは 一般的に逆風です。>SBIで扱っているか知りませんが、ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)はいかがでしょうか?

いくつかの米国のリートに投資しています。

7/17 基準価額6445円 分配金1万口当たり月100円(実績)

1000万口購入額=1000x6445円x(1+0.0324)=6,653,818円

1か月の分配金=1000x100=100,000円
税引き後 約80,000円

基準価額が変わらないとして、
1年の利回り=960,000÷6,653,818=14.4%

無期限
ただし、タコ配をすることがあり、その場合は基準価額が下がります。
米ドル高円安になると基準価額が上がります。

http://www.daiwa-am.co.jp/funds/detail/detail_top.php?code=4857

参考にしてください。>

投資信託の投資の仕方について質問です。

投資信託の投資の仕方について質問です。
100万円の投資資金があるとして、NISAの範囲内で1年で分けて投資、もしくは一気に投資したのち長期保有する場合と、ドルコスト平均法で月々数万ずつを数年かけて投資した後、長期保有する場合ではどちらの方がいいのでしょうか?あらかじめ投資資金がある場合、ドルコスト平均法で投資しするのは気休めにすぎないでしょうか?

どちらが良かったかは後にならないと誰にもわかりません。
ギリシャ・チャイナショックも今は一時的なもので終わって良かったね、ですがひょっとしたらあれがきっかけで数年下がり続ける可能性もなかったとは言えないです。
他人に勧めるならドルコストになりますよ。
損しても一括に比べて少ないですから。
もちろん得しても一括に比べて少ないです。
どこに重点を置くか、それだけの話です。
リーマンショック少し前に1000万一括で購入してかなりの損失を被った人もいるみたいですし安全を追うならドルコストですね。
ただ、1年や2年でドルコストをやめてしまうなら意味がないですね。
それ以前にその投資信託自体がイマイチであればもっと意味がないです。

どっちが良かったかは、結果論でしか 言えないと思います。

ただ 分割した方が、高値掴みせずに 買値を平準化できますし、何かあった場合に 途中対応できます。(ギリシャや中国ショック等)

まとめて買う場合は 運用報酬の安いETF(上場投資信託 銀行では買えませんが)を お奨めします。NISAも使えます。>

投資信託を始めようと思っています。

投資信託を始めようと思っています。
分からないことがあるので、色々教えて下さい。
現在、ゆうちょ銀行に口座があるので、ゆうちょダイレクトというものに登録しました。
SBI証券というところに口座開設をしようと思っていますが、口座を開設したらゆうちょ銀行から入金が可能になるのでしょうか?また分配金は、入金した口座に入るようになるのでしょうか?初歩的な質問ですが、宜しくお願いいたします。

ゆうちょ銀行、ゆうちょダイレクトはSBI証券の即時入金の対象銀行に入っていますので、振込手数料ゼロで入金することができます。
https://site1.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&get…SBI証券の口座にある投資信託の分配金は、入金した銀行口座に入ります。
以前は、SBI証券の証券口座に入るだけでしたが、現在は分配金自動振込サービスがあり、振り込む先の銀行を指定すれば、無料で分配金は指定銀行口座に入ります。
https://site1.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&get…

>SBI証券というところに口座開設をしようと思っていますが、口座を開設したらゆうちょ銀行から入金が可能になるのでしょうか?

ゆうちょダイレクトで、SBI証券が指定する銀行口座に送金すればいいのですよ。
ゆうちょダイレクトの場合、送金の上限額が50万円にセットされています。
50万円以上送金したい場合は、上限額の変更をする必要があります。

http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/furikomi/kj_sk_fm_furik…

>分配金は、入金した口座に入るようになるのでしょうか?

分配金は、入金した口座(この口座はSBI証券の名義です)ではなく、doridori88fさんが開設したSBI証券の口座に入ります。>

投資信託は分配金で利益を積み重ねていくようなものだと思っていたのですが、現実…

投資信託は分配金で利益を積み重ねていくようなものだと思っていたのですが、現実的には値上がり益をねらうよな投資なのでしょうか?コストに見合った利益が、でにくいような商品ばかり紹介されます。

>投資信託は分配金で利益を積み重ねていくようなものだと思っていたのですが、真っ赤な間違いです。
分配金を出すファンドは「悪い」ファンドです。
>現実的には値上がり益を狙うような投資なのでしょうか?その通りです。
基準価格が高いファンドが「良い」ファンドです。
>コストに見合った利益が、でにくいような商品ばかり紹介されます。
対面販売型の銀行や証券会社で買うと、コスト(購入手数料、信託報酬)が高いファンドばかり薦められます。
投資信託を買う時は、ネット証券会社に口座を開設し、下記サイトで紹介されている「分配金を出さない」「購入手数料は無料」「信託報酬は0.3%未満」のファンドを選んでください。
http://noload.558110.info/

ザイ・オンラインで相談されて見たら如何ですか?

http://diamond.jp/articles/-/116596>分配金で利益を積み重ねていくようなもの??w そんなふうに思ってるのは金融リテラシーの低いド素人だけ!w
分配金が出るとそのぶん基準価額が下がるってことも知らないんでしょ??w そういうバカな人は金融機関の手数料稼ぎにつかわれるだけ!儲けたいなら少しは自分でお勉強しましょう!ネット証券で自分で選んで買えばいい!>売る側は手数料が入る商品を勧めてきますからね。貴方の感覚は正しいです>分配金で利益を上げていくものはREIT等だと思いますが。

>値上がり益をねらうよな投資
投資信託の戦略によります。>

投資信託口座 金融機関の変更

投資信託口座 金融機関の変更地方銀行にて投資信託をしています。
ニッセイ勝ち組ファンドです。
この商品をそのままネット証券会社に変更することは出来るのですか?

株式や投資信託を金融機関から別の金融機関へ移動することを「移管」といいます。
具体的な方法は下記サイトを読んで下さい。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/guide/transfer_in.htmlviva_tea_sundayさんが移管を希望する金融機関(ネット証券)のWEBサイトに方法が書いてあるので、見てください。

変更しようとしていネット証券会社で扱っていれば、基本的に移管することは可能です。詳細は銀行と証券会社で確認しましょう。>ちょっと手数料は掛かるけれど、可能です。>

投資信託の運用方式?で

投資信託の運用方式?でファンドオブファンズ運用やファミリーファンド運用とはどういう意味ですか?

ファンドオブファンズは提供した資金で投資信託を買い、その投資信託がまた別の投資信託へ資金シフトし運用を行います。
個人ではまず投資できないような対象へ資金を投じることができるようになりますが、当然それぞれのファンドの信託報酬を負担するためトータルの負担コストはべらぼうに高くなり負担が重たくなるというのが特徴。
ファミリーファンドはマザファンドという核になるベースの投資信託をまず設定し、ベビーファンドという子供ファンドもあわせて作ります。
ベビーファンドは設定したい時にベースになるファンドを通じて追加の設定が可能。

投資信託について質問します。

投資信託について質問します。
昨日のイギリスのEU離脱で、日本株がほぼ大幅全面安となり、一部のベア型の投信以外は、基準価格が大きく下落しました。
しかし、投資信託の「MHAM-ネット証券専用ファンドシリーズ AR国内バリュー株式ファンド (愛称:サムライバリュー) 」は、わずかながら基準価格が上昇しています。
日本の中小株が中心の投信だと思うのですが、これだけの世界的な株下落でも利益が得られたのはなぜかおわかりでしたらアドバイスください。
もしご存じであれば、過去のリーマンショックなどの大幅株下落時にも強かった投信があればアドバイスをお願いします。

サムライバリューの基準価格が上昇した理由は、このファンドは現物株の「買い」と株式先物指数の「売り」を行っているからです。
現物株式の保有だけだったら、ファンドは大暴落でしたが、TOPIX先物の「売り」を出してるので、基準価格がわずかですが上昇したのです。
●AR国内バリュー株式ファンド(サムライバリュー) ・申込手数料: ノーロード ・信託報酬: 1.2915%(税込) ・信託財産留保額: 0.05% (解約時) ・決算: 年1回 (7月22日) 運用方針は「わが国の株式と株価指数先物取引を組み合わせた運用により絶対収益の獲得を目指します。
わが国の中小型バリュー株式を主要投資対象とします。
」とのことです。
具体的には「わが国の株式を買建てると同時に、株価指数先物(TOPIX先物等)の売建てを積極的に活用し、株式実質組入比率(現物株式と株価指数先物の合計の組入比率)を、原則として0%から20%の範囲内でコントロールします。
」という記述があります。
非常に面白い試みです。
特定銘柄を購入して同額分マーケット(TOPIX先物等)を売るということは、アルファを狙ったマーケットニュートラル戦略ということでしょう。
ヘッジファンドの運用スタイルのうちてベータを取り除いてアルファを狙う戦略には興味があります。
また、その戦略がここまでシンプルに書かれているファンドも多くありません。
「日本にだっていい会社はある。
しかし、全体的に日本株マーケットが下がってしまうとそのいい会社の株まで下がってしまうから日本株には投資しづらい。
」という人が、コストに納得できて、銘柄選定代理人たるファンドマネージャに銘柄発掘をお願いできると思えば、投資先として検討して良いファンドでしょう。
http://www.tsurao.com/tag/%E8%B3%87%E7%94%A3%E5%80%8D%E5%A2%97%E3%8…★サムライバリュー運用レポートhttp://www.mizuho-am.co.jp/fund/pdfview/type/fundfixedpdf/id/370280…

なるほど。
株価指数先物(TOPIX先物等)の売建てを積極的に活用しているので、株価の下落時にも対応できるのですね。
イギリスのEU離脱で株価が不安定な今こそ、
貴重な投資信託かもしれませんね。
理解できました。
ありがとうございます。>構成されているポートフォリオを見ると、なんとなくわかるような気になります。

下落に強いのはベアとかインバースとか書いてあるファンドでしょうか。

モーニングスターの資料ですが、ポートフォリオ
http://www.morningstar.co.jp/FundData/Portfolio.do?fnc=2011113004>

投資信託をしてみたいと思っています。

投資信託をしてみたいと思っています。
SBI証券はアプリで投資信託はできないんですか??またスマホアプリで取引ができる会社があれば教えてください。

もしかして投資信託がどういうものなのか全然わかってない人??株と違って投資信託は1日1回しか価格が出ない!指値注文とかもできない!投資信託はリアルタイムでサクサク取引できないんだから高度なアプリも不要でしょ!普通にネット上でログインして買ったらいいじゃん!

投資信託は手数料や信託報酬などが掛かるのが普通ですか?

投資信託は手数料や信託報酬などが掛かるのが普通ですか?手数料3%+信託報酬1%位を証券会社や銀行に払っていたら、投資した人はかなりマイナスからスタートしますが、やはりプロに運用してもらう手数料とみるなら、初心者は安心できますか?

投資信託の販売手数料は運用には全く関係ありません。
多額の手数料を支払ったからと言って、運用成績が良くなることはなく、逆に、最初に手数料を投資額から差し引かれますので、大きなハンディを背負って運用は始まることになります。
販売手数料は、投資信託会社が作ったファンドを売るため、たくさん顧客を持っている銀行や証券会社で取り扱ってもらうためのコストにしか過ぎません。
銀行や証券会社は自社の顧客に勧めて販売するだけで3%も利益を得ることができるのですから、販売には自然と力が入ることになります。
手数料は販売会社によって料率は幅があります。
銀行や大手証券は上限の3%を取りますが、ネット証券はゼロ~3%の間で決めています。
ネット証券は自社ビルを持たず、高給取りの営業マンもいませんので、販売コストはかかりません。
同じファンドを買うのに銀行で買えば3%も取られ、ネット証券ではゼロということもあります。
運用成績を重視するなら、投資信託はネット証券で買うのが鉄則です。
運用にかかわるコストは信託報酬です。
ファンドが株式や債券を売買する際の仲介手数料や、運用を担当するファンドマネージャーの報酬や、信託銀行のファンド管理費などは必要な経費ですので、これは運用に欠かせないコストになります。
アクティブファンドのほうがインデックスファンドより少し高いですが、ファンドマネージャーの報酬の違いかもしれません。
投資信託はファンドマネージャーの手腕によって運用成績が左右される金融商品ですが、日本の投資信託会社は銀行や証券会社の子会社がほとんどで、ファンドマネージャーは親会社から出向のサラリーマンが担当していることが多いようです。
これに対して、外資系の投資信託会社のファンドはプロのファンドマネージャーが運用しています。
運用成績が上がれば報酬も上がりますので、真剣に運用しますが、日本のファンドマネージャーはサラリーマンで、運用成績が上がっても下がっても給料は変わりません。
どちらのファンドが投資家にとっていいかは自明の理です。

詳しく分かりやすくありがとうございます。日本の証券会社でもプロのファンドマネージャーが運用しているかどうかを知る方法はありますか?マネー雑誌に次に来る株を予想しているような方々とかでしょうか…>投資家の一般的な常識として投資信託は手数料や信託報酬ができるだけ低く抑えてあるものを買うというものがあります。あとは毎月分配金があるものは避ける。
プロだからといってそんな好成績をずってあがれるというわけではないのですよ。
それに日本の投資信託の99%は手を出すに値しないと言う方もいます。罠だらけです。

一度、投資信託の本を読むことをオススメします。>別にプロに任せてる訳ではありませんよ。
因みに手数料無料のノーロード投資信託と言うのもあります。
信託報酬はかかりますけど。
インデックス投資信託なら信託報酬も低いです。
まぁでも、相場の値動きは数%ではないですけどね?
コストを気にして値動きを気にしないのは…本末転倒です。
コストを掛けたからと言って…プロに任せて利益が期待出来る訳でもありません。
ソモソモ、投資信託ってのは、分散効果と言うか個人が一つ一つの銘柄を全部買うと莫大な資金が必要だけど、取りまとめて皆で全部買いましょうねって事だと思います。
それとか、通常個人では取引出来ない海外とか複雑なのを取りまとめて買えますよとか、個人では出来ない分配金を出す仕組みに乗っかれますよ。それにコストを支払いますよ。って事です。
プロに任せて利益挙げられますよ?って事では一切ないです。
まぁ、値動きありきなので、素人がコストだけ気にする投資は大概失敗すると思いますけど。。。>投資信託には2種類あります。

アクテイブファンドとインデックスファンドです。

アクテイブファンドはプロに運用してもらうので、手数料3%+信託報酬1.5%が標準です。

一方、インデックスファンドは指数に連動するだけなので、プロは必要ありません。
従って、手数料は無料+信託報酬は0.3%が標準です。

統計的には、コストが高いアクテイブファンドの70%がコストが安いインデックスファンドより運用成績が悪いようです。

コストが高くても運用成績が良いアクテイブファンドを選ぶのか?コスト優先でインデックスファンドを選ぶのか?難しいところです。

下記サイトでも読んで勉強されてください。
http://noload.558110.info/>手数料を多く払えば運用が良くなるということはありません
むしろ多いほうが悪くなります

購入手数料0+信託報酬0.3%くらいの投資信託を選びましょう>

投資信託についての質問です。

投資信託についての質問です。
ほとんど初心者なので、質問内容がおかしくなる部分もあると思いますが、どうかご容赦下さい。
今検討中の物は、三菱UFJ国際-eMAXIS TOPIXインデックスを考えています。
バランス型で信託報酬も安そうだからです。
ただ国内株式の割合が多いようなので、出来れば外国株式が高くて信託報酬が更に安い物があれば教えて頂きたいです。
また、おかしな質問になるかもしれませんが、外貨のドル建(豪ドル)で運用する事も出来るのでしょうか?優しめのご解答をどうぞよろしくお願いします。

その投資信託は国内株のメインの投信です。
MSCI KOKUSAIという言葉が入っていれば、世界の株式に投資する投信の可能性が高いです。
コストは世界株の方がやや高いですが、個人で外貨を購入することを考えれば、安いと思います。
(個人的には)そのほかいろいろありますが、購入時に3パーセント、信託報酬1パーセントとか高くて買う気にはなりませんね。

ご解答頂きありがとうございます。
〉購入時に3パーセント、信託報酬1パーセントとか高くて買う気にはなりませんね。
とありますが、これは私が書いていました、三菱UFJ国際-eMAXIS TOPIXインデックスの事でしょうか?
SBI のページには買い付け手数料無料の信託報酬0.432%以内とあり、回答者様が言われている内容と違う気がするのですが、初心者で詳しくは分かりません、ご教授頂ければと思います。
また、MSCI KOKUSAIとありますが、具体的なお勧めファンド名等はありますでしょうか?>>今検討中の物は、「三菱UFJ国際-eMAXIS TOPIXインデックス」
を考えています。バランス型で信託報酬も安そうだからです。ただ国内株式の割合が多いようなので、出来れば外国株式が高くて信託報酬が更に安い物があれば教えて頂きたいです。

「三菱UFJ国際-eMAXIS TOPIXインデックス」はバランス型ではありませんよ。
日本株式に100%投資するファンドです。

下記サイトを良くご覧くださいね。
http://emaxis.muam.jp/

外国株式に投資したいなら、「eMAXIS 全世界株式インデックス」とか「eMAXIS 先進国株式インデックス」に投資すればいいだけですよ。

>外貨のドル建(豪ドル)で運用する事も出来るのでしょうか?

海外の株式や債券、不動産に投資するファンドは当然ながら、外貨建てで運用されていますよ。ただし、上記のサイトでは基準価格は円に換算して表示されています。>まずそれはバランス型ではありません。なんでどうしてもバランス型が欲しければバランス型で検索しましょう。資産のアロケーション目標は書いてあります。

ただ積み立て初期はバランス型にこだわる必要はありません。積立残高が小さいので例えやられてもたかが知れてるからです。

なので当初は先進国外国株式インデックス1本で全然かまわないと思いますよ☆>

投資信託で特別分配金が出た場合の平均取得価格の計算方法を教えてください。

投資信託で特別分配金が出た場合の平均取得価格の計算方法を教えてください。
取得時の平均取得価格は買い付け金額(手数料や税を含む)を取得口数で割り、証券会社で表示されている平均取得価格とあっているのですが、取得時以後の特別分配金が発生した場合の端数処理を含めた計算方法がわかりません。
個別元本のように特別分配金の額をそのまま引いてもあわないし、=ROUNDUP((直前の平均取得価格×取得口数÷10000-特別分配金)÷取得口数×100000)で計算すると、近いとこまでは行くのですが1円あってきません。
証券会社の表示を見ると、特別分配金が40円の場合は39円平均取得金額が引かれています。
(40円の時もありますが)一体どのような計算方法なのでしょうか?証券会社に聞いても、明快な計算方法まで入ってくれません

貴殿の返信から詳細が分かり、私も計算し、貴殿と同じ結果を得ました。
特別分配金単価30円で取得単価10499.5円となるのを10500円としたり、特別分配金単価67円で取得単価10433円となるのを10434円したりするのは、販売会社が「投資者の利益になる」と考えての事でしょう。
取得単価は、平成20年頃から使われ始め、購入額累計(手数料と消費税を含む)を1万口当たりに基準化したしたものであり、譲渡損益を計算する上でキーポイントとなります。
また個別元本は、平成12年に税改正され、投資額累計(手数料と消費税を除く)を1万口当たりに基準化したしたものであり、税引前分配金を特別/普通分配金に区分する為のキーポイントなのです。
取得単価が高ければ譲渡益税が少なく、個別元本が高ければ分配金税が少ない、それどう実現するか?、販売会社が知恵を絞っている所でして、我々投資者にはブラックボックスなのです。
一例です。
取得単価も個別元本も、そもそもは計算値ですから1円未満の端数が出ます。
それを1円未満切上げとし、再度口数を掛ければ、購入額や投資額が計算上アップするのです。
こうすれば譲渡益税や分配金税が減る事はお分かりでしょう。
私はある販売会社に「端数まで表示し、1円まで厳格に計算すべきだ」と申込みました。
ところが「投資者の利益になるから」と拒否されました。
ーー以上ーー

40円支払われて39円しか平均取得価格が下がっていないのは、1円分は普通分配金ではないですか?

再投資されてるんですか?

わずかに違うのは、コンマ以下の数字については切り捨てか切り上げになるので、その辺りを疑ってみては?

そこまで細かく悩まなくてもいいのでは?>足してくださいまずは>

投資信託について

投資信託について毎月どのくらい新しい投信がうまれ、今現在どの位の投資信託があるのでしょうか?

5年くらい前に 聞いた時は約4千でした。
今は5867本になっているようです(公募型投資信託 2016年1月末現在)。
https://www.toushin.or.jp/statistics/statistics/data/backno_I011BG/一部上場企業が約2千社弱 それよりはるかに時価総額が少ない 公募型投資信託が6千弱ですから、いかに粗製乱造され 使い捨てられているか わかります。

公募型投資信託が6千弱も有るとは驚きです。

<・・・公募型投資信託が6千弱ですから、いかに粗製乱造され 使い捨てられているか わかります。>
〇ウ〇の言う事は相変わらずわかりにくい。粗製乱造はわかるけど、使い捨てられる投資信託ってどんな投資信託の事をいうのでしょうか。イメージ出来ません。どうせこんな事を言っても〇ウ〇は無視するでしょうが、私は無駄な努力が大好きです。>年間新発は300本、廃止も同数で、3000本とか聞きますね>

日経平均株価連動型の投資信託はどういうものですか?

日経平均株価連動型の投資信託はどういうものですか?

投資信託なのは分かりますよね。
その投資信託の特徴が、「日経平均株価(日経225)」(配当込み)の動きに連動する投資成果をめざす。
投資信託の事です。
よっぽどの事が無い限りズレる事はありません。
だって225の株を買い付けている訳ですから。
こういう連動式の投資信託をインデックスファンドと呼びます。
ご参考にして頂ければ幸いです。

ありがとうございます。
もう少し調べてみます。>1320(単純)とか1570(2倍)が有名です。その逆は1357などがあります。>

より低リスクで、銀行預金や個人向け国債に預けるよりはインフレ程度をカバーでき…

より低リスクで、銀行預金や個人向け国債に預けるよりはインフレ程度をカバーできる投資信託を検討しています。
とりあえず以下のものをピックアップしました。
どれか一つに絞りたいのですが、ご意見を聞かせていただけたら、助かります。
設定が直近で実績がないもの、ややコストが高いもの、為替ヘッジのしかた、機動的配分か否か、等々まちまちです。
(1)投資のソムリエ(2)ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(3)GCIエンダウメントファンド(安定型)(4)たわらノーロードバランス(堅実型)(5)SSGAーAMC/ステートストリート・リスクバジェット型バランスオープン(6)三井住友DCつみたてNISA世界分散ファンド以上

投資信託て……手数料中抜きされるって時点でハイリスクローリターンなんですよね、投資信託ってそういうもんですよ自分で株買ってる方が期待値高いですよ

余計なことは考えずに、下記サイトで紹介されているファンドを買っておけば、インフレはカバーできるし、何より、qpzrcx021さんの金融資産の拡大に寄与するのです。http://growrichslowly.net/comparison-of-sp500-etfs/>

投資信託の初心者です。
今、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」に関心があ…

投資信託の初心者です。
今、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」に関心があります。
もしこれを積み立てで購入するとしたら、外国債券を集めたインデックスファンドを同じく積み立てるのがやはりいいのでしょうか?その場合、どれくらいの比率で積み立てるのがいいでしょうか?先輩方、ご指導お願いします!

株式ファンドを購入するからと言って、一緒に債券ファンドを購入する必要性は全くありません。
一般的に株式ファンドは、ボラティリティ(上下変動)が大きいため、債券ファンドを同時に組み入れるとボラティリテイが抑えられる効果があると考えられています。
これをリスクが低くなるとも表現します。
株と債券に比率をどのくらいにするかは、どれだけのリターンを求めて、どれだけのリスクを容認するかによります。
例えば、先進国の外国株式ファンドを100%なら、平均リターン6.2%、リスク19.2%となります。
これを先進国の株式ファンドと債券ファンドを半々にすると、 平均リターン5.9%、リスク13.4%になります。
債券を半分組み入れると、リターンはあまり変わりませんが、リスクはそこそこ下がります(注、求められた数字は、あくまでもカテゴリ毎の過去の実績に基づいていますから、将来的に必ずそうなるとは限りません)。
よって株と債券の配分比率は、投資家自身の求めるリターンと容認できるリスクから決定されるべきものであって、一概にこの配分がベストですとは言えません。

勉強になります。ありがとうございます!>運用、利用の目的次第ですね。何のためにそのファンドを利用するのか?

半分ずつとかでリスク減らしとけばよい。下がれば、下がった方の比率を高めていく。>

投資信託を購入したのですが、解約を担当者が嫌がります。

投資信託を購入したのですが、解約を担当者が嫌がります。
投資信託って途中で解約すると、何かまずい事とかあるんでしょうか?

株式会社の営業部にはノルマのようなものがあるようです。
投資は自己責任でやるのでと申し出て、担当者に解約を依頼すべきです。
それでも応じない場合には支店長または、営業部の責任者と電話でよいので直接話をするのも有効な手段です。
担当者のサービスが悪いので預け入れ資産を別の証券会社にすべて移管したいというのも結構きくと思います。

業界平均で 信託報酬の半分くらいは、販売会社に行ってます。保有し続けてもらうだけで 毎年一定額が入ってくるのです。なので 解約して欲しくない気持ちが 働きます。

または うまく乗り換えさせて、また販売手数料を稼ぐかのどちらかです。対面で買うと 販売手数料や信託報酬の高いものばかり奨められる事が、多いです。>投資信託を対面販売型の銀行や証券会社で買ってはいけない、というのは今や常識です。

投資信託はネット証券会社で買いましょう。

そうすれば、購入も解約も自由自在ですよ。

阿呆な担当者と無駄な時間を費やすのは人生の無駄ですよ。

大至急解約して、ネット証券会社で買い直せばいいのです。>担当者の成績に影響するのでしょう。
しかし、そんなことは先方の問題です。投信を解約するのに制限はありません。
あなたが解約したいのなら、強く主張するべきです。どうしても担当者が応じないなら、先方の上司に抗議するべきです。その姿勢を見せると担当者は解約に応じざるを得ないでしょう。

そもそも、あなたがそんな窓口証券か銀行で投資信託を買ったのが間違いです。ネット証券か、窓口証券でもオンライン口座で買っていれば、自分のPCで売り買いできるし、手数料も大幅に安くなります。>

投資信託について質問させて下さい。

投資信託について質問させて下さい。
ネット証券で投資信託の積立を特定口座では無く、一般口座でしておりました。
毎月分配型の再投資コースで2011年頃から始めていたものですが、今までそのままただ積立をしておりましたが、一旦解約を考えています。
現在再投資分含めてのトータルリターンが約+280000になっていますが、この金額に税金が掛かるのでしょうか?(申告が必要なのでしょうか?)評価額自体は若干マイナスです。
よろしくお願いします。

個別元本、負担手数料、を割り出しマイナスなら税金負担なし、プラスなら税金負担あり。
単純。
トータルプラスでも評価額がマイナスなら元本部分はマイナスと考えられるので税金負担はなさそう。
毎月再投資の際に普通分配金は源泉徴収されてますよね?更にトータルブラスだからと言う理由で税金負担する必要はないです。
あくまでも元本の部分のみで勘定する。

ありがとうございます。分配金は源泉徴収されてます。
今年中に少しプラスのところで売却して、会社辞めるので個人型イデコで積立し直したいと思います。大変参考になりました。>

投資信託を始めたいのですがNISA口座を作るのにおすすめはありますか?

投資信託を始めたいのですがNISA口座を作るのにおすすめはありますか?楽天証券かイオンにするか悩んでますが、他にありますか?

イオン銀行の投資信託は240くらいしかないので、2000以上ある楽天証券でしょうね。
SBI証券(ネット証券最大手)でもいいと思います。
将来株やETF(上場投資信託)が 欲しくなった時にも買えますし。
銀行では 買えません。

いずれは積極的に投資(株やFX)をしたい=証券会社

イオンでの買い物が多い、株は買わない=銀行

NISA口座自体に違いはないので
あなたのライフスタイルに合わせて選ぶのがベストです。>NISA口座の開設先は、自身が買いたい投資信託を扱っているかどうかが第一の判断材料だと思います。さらに将来的に他の銘柄も考えているなら、取扱い数の多い金融機関を選ぶことになります。>

投資信託?

投資信託?…投資信託、って、どういう金融商品ですか?投資信託は、したことはありません。
確かぁ~、元本割れ・リスクがある…んでしたよね。
違ったかな?三菱UF〇信託銀行のキャンペーン「相続型信託=元本保証・管理手数料無料」も、「信託」って書いてありますよね。
この「相続型信託」と「投資信託」とは、何がちがうんですかね?噛み砕いて教頂けると嬉しいです。

信託というのは、委託者、受託者、受益者という三者が登場します。
財産を有していてその財産を一定の目的をもって預ける者が委託者。
契約に基づいた一定の目的に沿ってその財産を預かり、管理し、運用する者が受託者。
(民法など私法上のその財産の所有者)委託されている財産から生ずる利益等を受け取る者が受益者。
(税法上のその財産の所有者)>この「相続型信託」と「投資信託」とは、何がちがうんですかね?「投資信託」とは、委託者(通常は委託者が受益者でもある=自益信託)が信託会社(受託者)に現金を預け、受託者が運用した結果の利益を受益者(委託者)が受け取るという契約です。
契約内容でどのように運用するかがある程度決められており、貸付金利息を収益源とするものを貸付信託(金銭信託)、国債や社債に投資するものを公社債投資信託、株式等に投資するものを証券投資信託、不動産に投資するものを不動産投資信託といいます。
つまり、投資信託というのは儲けるための信託といえます。
「相続型信託」とは、委託者が現金を受託者に預け、委託者が亡くなられた時に預かった現金を受益者として指定された者(相続人)に支払うという簡単な信託です。
預金だと預金者が死亡した時に凍結されて、遺産分割が確定するまでその預金を引き出せません。
しかし、信託財産は被相続人の財産ではなく、私法上は信託会社の財産なので、凍結されることがありません。
信託会社は委託者との信託契約に基づいて受益者に支払うことになるため手続きも面倒ではなく、相続人がすぐに財産を手にすることができるのです。
http://www.lifeplan.tr.mufg.jp/zuttoanshin/detail.htmlこの例で行くと元本は200万円で元本保証されてますが、逆も言えば利息も付きません。
信託会社は預かっている期間はこの200万円を自由に運用でき、利益を得ることができるので管理手数料がかからないのです。
従って、こちらの信託は儲けるための信託ではないのです。
信託は、現行法規では個人でも受託者になれますし、自社株や自宅・貸家、生命保険など様々な財産を信託することができます。
今回の質問にある相続対策としての信託のほか、高齢者の認知症対策の信託とか、会社の事業承継対策の信託など様々な場面で活用できるようになってきました。
http://www.sakura-sogo-sozoku.jp/13shintaku/

>この例で行くと元本は200万円で元本保証されてますが、逆も言えば利息も付きません。

↑冊子を取り寄せたんですけど、「予定配当率は、長期市場金利・短期市場金利を参考に信託期間に応じて当社が決定の上、明示します」と書いてあります。

運用で儲けたお金で管理手数料を無料にする、という事なので、予定配当率は、微々タルものなんですね?
だから、冊子には書いてないんですね。(書けないほど、チョビット?)>信託とは、他人に財産を預けることです。

相続型信託は知りませんでしたが
受取人と受取時期を決める普通預金みたいな印象です。
本人死亡時の預金凍結をさけるためにやっておくようです。
預かった金を信託銀行がどう使おうが自由。
増えなくとも文句はいえないけれども
約束の時期が来れば
元本保証で返してもらえるという商品です。
(こんなのを商品というのか?という気もしますが)
客は儲ける目的ではなく
遺産の一部をスムーズに遺族にわたす目的で行います。

投資信託は、儲けが目的です。
投資してくれ、と頼んで金を預ける商品です。
受託業者が投資をして損益は客に帰属します。>

投資信託で、半導体関連のの株式へ投資出来る銘柄はありますか?

投資信託で、半導体関連のの株式へ投資出来る銘柄はありますか?補足国内じゃなくても良いです。
ロボテック、半導体が入ってるいると聞きました。

海外込みのETFならばありますが、国内半導体株式に集中投資する信託は無いかと存じます。
尚、海外版の半導体ティッカーは SMHとEWTです。
ご参考にしていただければ幸いです。

信託報酬は何故払わなくてはならないのでしょうか。

信託報酬は何故払わなくてはならないのでしょうか。
投資信託とは、顧客が金融機関にお金を預け、金融機関がそれを運用してお金を稼ぎ、その利益の一定分を顧客が受けとるシステムです。
そしてお金を稼いで貰った御礼として払うのが「信託報酬」という考え方で現状は成り立っています。
ここで疑問です。
顧客はお金を預けて金融機関に「儲けさせてあげている」のに何故金融機関はお金を預けてもらった御礼(利子)を払いもせず、顧客ばかりが「信託報酬」などどいうお金を取られなくてはならないのでしょうか。
「配分を貰っているじゃないか」という意見があるかと思いますが実際はこうです。
金融機関がもっともらしく毎月報告してくる運用成績はデッチ上げで実際はもっと儲けています。
彼らはその中の極一部を配分と称して入金してくるのです。
もちろん負の成績による元金割り込みもデッチ上げは可能です。
「信託報酬」を認めるならば「資産を預けてあげていることによる利子」があり、それと相殺されて実質計上無しとなるべきではないでしょうか。
補足皆様、ご回答ありがとうございます。
私はこの分野が本業ではありませんので当然深くは理解していないです、だから仮説を立ててここで質問させて頂いた次第です。
皆様から頂いたご回答/ご指摘により私の立てた仮説がズレており、自分勝手な認識であったことが分かりました。
そして「投資信託」というコストとリスクのある「商品」が私には合わないことが明確となりました。
何名かBAを付けたい方がおりましたが恐縮ながら一名の方を選択させて頂きます。

他の方の回答者様も仰っておられますが・・・。
『投資信託と言うのは、他人に投資を委託する』物(商品)ですよね・・・?。
つまり、言い換えれば『投資信託を購入する方があかの他人に投資を依頼』する訳です。
それが投資信託で有り、投資で有る訳です。
銀行預金や定期預金とは全く違います。
あと、下の回答者様の回答の中に預金と投資信託の話が出て来たので、銀行の預金についてお話をさせて貰うと、そもそも銀行預金や定期預金で利息が発生するのは至極単純な話で、『銀行側から見たら皆さんが預けた銀行預金は銀行にとっては負債だから』です。
負債に置いては利息が発生するのは当然ですよね・・・?。
更に言えば、銀行はお金を預ける場所では有りません。
『皆さんから預かった資金を政府や民間企業等に融資し、利益を上げて行く機関』です。
少々話が逸れましたが、若し質問者様がその投資信託に置ける契約内容に納得出来ないので有るなら、それこそ他の回答者様も仰る様に、投資信託を購入せずに自分自身で学んで自分自ら取引を行えば良いだけの事です(実際、自分は『信託報酬を支払ってあかの他人に運用して貰うのでは運用を学んで行く上で全く自分の糧にはならない』と、感じて居るので、投資信託は一切購入して居ません(但し、企業型確定拠出年金に関しては話は別で、運用資金分は給与と見なされない為、税金が免除される節税効果が有る)。
繰り返しますが、投資信託は:あかの他人を信用して運用(投資)を委託する商品で有る:様々なリスクが存在する元本が保証されない商品で有る:金融業者がそれらの商品を運用して居る訳では無く、あくまでも『こういう商品が有る』と、サービスを提供して居るに過ぎない:投資信託は銀行預金とは違い、銀行の負債では無い(負債では無いのだから、当然投資信託に利息は発生しない)下の回答者様が仰る様に『提供されたサービスに対して対価(料金)を支払うのは、消費者としては至極当たり前の事』なのですよ。
恐らく、誰も質問者様の質問に対して投資を行ってる方で付和雷同される方は居ないでしょうね。
居るとしたら、その人は損失を抱え続けて居る事を自ら暴露するのも同然ですから(尤も『金融機関に相談すると、信託報酬が割高な投資信託を勧められる』程度の事は挙がるでしょうが)。

なぜって、そういう商品だから・・・・・・・

それに支払う必要はないですね、信託財産全体から少しずつ抜き取られるだけだから。
つまり放っておくと勝手に少しずつ価値が減っていく商品を、それ以上のペースで利益を上げてくれると信じて買うかどうかというお話。>運用報酬はファンドの運用能力に対する見返りです。資産を預けてあげていることによる利子は投資対象の期待収益率に含まれていると考えていいです。投資対象が何であれ無リスク利子率以上の期待収益率あります。おおざっぱにファンドに投資したときの期待リターンは無リスク利子率+リスクプレミアム+ファンドの運用能力-運用報酬です。ファンドの運用能力はパフォーマンスからインフォメーションレシオを求め、それが統計的に有意な水準にあるか定量的に評価したり、運用方針を見てそれが継続できるのか定性的に評価したりします。運用能力が低いのに運用報酬が高ければ期待リターンが利子率を下回る可能性はあります。運用能力-運用報酬と自らその投資対象に投資したときの取引コスト+労力を比較して買うかどうか判断すればいいです。また、投資信託にも会計監査を受ける義務はあるので、普通は会計を捏造することはできませんし、すれば当然違法です。>まず、投資信託の仕組みに同意出来なければ自分で運用すれはいいだけの話です。契約内容に納得出来ないのなら契約しないというのが常識です。『顧客は金融機関にお金を預け』投資信託は預金ではありません。だから、預けという理解は間違いです。『そしてお金を稼いで貰った御礼として払うのが「信託報酬」という考え方で現状は成り立っています。』間違っています。何らかの金融商品に投資した時点で損益に関係なく発生するコストです。例えば株を買うとそれを保管する為に置いておく箱みたいなものです。金融商品を管理するのに必要な経費です。『顧客はお金を預けて金融機関に「儲けさせてあげている」のに何故金融機関はお金を預けてもらった御礼(利子)を払いもせず、顧客ばかりが「信託報酬」などどいうお金を取られなくてはならないのでしょうか。』預けていないんですよ。あなたが投資しているのです。損益についてはあなたのものであり、あなたの責任なんですよ。だから、その投資を行う過程のコストはあなたが払うべきものです。金融機関は投資していないんです。サービスを提供しているだけです。サービスを提供されたら料金払いませんか?コストが発生したらその料金を払いませんか?あなたが契約するから発生したコストなんですよ。当然、払うでしょ。あなたが契約しなければ発生しなかったコストです。それが嫌なら契約しない、つまり投資信託の仕組みには不適合の方なんてす。また、預かった御礼ではなく、あなたがリスクをとって投資した結果なんです。御礼ではありません。また、利子でもありません。デッチ上げというなら契約しなきゃいいんです。あなたが自分で市場に直接発注して投資すれはいいだけです。それがやり方わからないから出来ないとか、海外の金融商品に投資したいけど語学出来ないし、情報もないとかいう投資家の為にそれがわかっているプロや海外拠点がある金融機関が投資できるスキームを提供しましょうかというのが投資信託です。スキームを提供しているだけです。損益は投資家のものであり、リスクも投資家のものです。スキーム提供にはコストがかかるし、それを実現する為に沢山の人や組織、オフィスや印刷屋さんや運送屋や郵便料金とかが経費としてかかっていてそれらを手数料という形で設定されています。『「信託報酬」を認めるならば「資産を預けてあげていることによる利子」があり、それと相殺されて実質計上無しとなるべきではないでしょうか。』資産を預けてあげているのではなく、資金を投資しているんてす。投資なので利子のような確定なものは存在しません。投資した結果の損益は投資家であるあなたのものですから、金融機関がその損益を相殺することはできません。根本的な金融の一般常識が足りないようです。金融商品を理解していないのなら、投資しないことです。信託報酬が不当とかいうなら契約しない(買わない)ことです。投資信託は預金ではないし、リスクがあり、コストがかかる。それが嫌なら、自分で発注して管理してください。証券会社なんてたくさんありますよ。金融情報も自分で集め自分で理解してください。他の人の回答の返信を見て追記投資とパチスロを同じに見えるなら、投資はやめた方がいいと思います。金融機関には適合性の原則というものがあり、あなたは不適合です。金融機関に出入りしない方がいいと思います。嘘をついて『理解している』にマルをつけないでください。理解してないじゃないですか。笑理解していると言って、後でいちゃもんつけてくるってクレーマーですね。また、自分が聞いてないから世の中がそうだと思うって笑えます。どんだけ自分がものを知っていると?>あの、運用成績が嘘ってなぜ、断言できるのですか?信託報酬の意味わかってますか?人が、動けば報酬が発生するのは、当たり前ですよねあなたは、ご自身で資産運用した事ありますか(投資じゃ無くて、株、債券等)>

投資信託や株の勉強動画やセミナーについて

投資信託や株の勉強動画やセミナーについて証券会社がやってる投資信託や株の勉強動画やセミナーがあるみたいなのですが、1、情報がのってるサイトなどがありましたらURLなど教えてください。
2、セミナーは株、投資信託について無知な人でも参加可能ですか?3、セミナーは有料ですか?その場合はだいたいの値段教えてください4、投資信託と株はほぼ同じ知識があれば大丈夫ですか?(まったく同じ勉強内容ですか?)

①各証券会社のHPに出ていますよ。
②証券会社のセミナーへ行く方は大半が無知の方ですから心配無用です。
経済知識が身に着いたら行きませんから。
③大半のセミナーは無料です。
金を出してまで行く価値はありません。
④全く同じではありません。
投資信託には、株式に投資する投資信託、債券に投資する投資信託、不動産に投資する投資信託、商品(金や原油など)に投資する投資信託があります。
また、投資信託は買う時に「購入手数料」、保有期間中は「信託報酬」というコストがかかります。
★投資信託については、下記の2つのサイトを熟読すれば、賢い投資家になれますよ。
http://investmenttrust.biz/http://noload.558110.info/

わたしは岡三証券・野村證券・日の出証券のセミナーに参加しました
参加は無料でした 全国で有名な講師の時も有ります
開催情報はネットで公開されています 証券会社と希望開催県を入れ検索です
内容が記載されています 講師・日時 セミナー内容により定員オーバーで参加出来ないことも有ります>

投資信託について教えて下さい。

投資信託について教えて下さい。
現在、日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)と日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース) の購入を考えています。
SBI証券は日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)は優良銘柄にランク付けしていますが、他の証券会社は余裕分配金月数は載っていません。
と日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)はハイリスクハイリターンと思いますが、配当金が200円、250円と高い為、購入を考えています。
購入すべきか、別な投資信託を購入すべきか、教えて下さい。
宜しくお願いします。

またまた釣りの質問かと想像しますが・・・・2つのファンドの評価は下記サイトに書いてあります。
キチガイファンドと呼ばれているようです。
★日本株アルファカルテット(毎月分配型)http://investmenttrust.biz/nihonkabu-alfaquartet1.html★日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)http://investmenttrust.biz/nihonkabu-hightincome.html投資信託を購入されるなら、下記サイトで推奨されているファンドが良さそうですが・・・http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20160123-00047516-biz_gendai-nb

もっとも購入してはいけない投資信託と考えます。どういう理由で優良銘柄の扱いなのか理解に苦しみますが、ただ高分配輩出ファンドということであれば大きな勘違いです。この投信の中身や仕組みを100%理解していればなおのこと、誰も購入しませんよ。

悩む余地は全くないと思います。もっとましなファンドを利用するべき。>ブラジルってハイリスクだけどハイリターンですか?>

投資信託について質問です。
毎月分配型の投資信託って否定されがちですが、その分…

投資信託について質問です。
毎月分配型の投資信託って否定されがちですが、その分配金を有効に使えばありだと思うのですがどうですか?近々車を買うのに投資信託を解約しようか悩んでいるのですが、ローンの金利より投信の分配金の方が高いので分配金でローンを払った方が得なのかな?と考えています。
車買って無くなるはずだったお金と思えば元本割れても惜しくないですよね?ちなみに毎月の分配金は7年でローン組んだ時の支払額とだいたい同じくらいです。
分配金に変動があることは理解してます。

毎月分配の投資信託が否定されるのは、経費が高く元本の取り崩しが発生し分配金もいずれ低下していくためです。
今までは円安株高傾向でしたので問題はみられませんでしたが、今後は元本割れだけでなく償還の可能性についても考慮に入れた方が良いかと思います。

考え方次第なので本人が納得すればよろしいのでは?>毎月分配型投資信託がダメなのは・・・・・

購入時に、2~3%の購入手数料がかかるから。(最近は、ノーロードが一部あるようですが)

信託報酬が2%前後と高いから。(ETFなら0.1~0.5%)

分配金を出すと課税されるから。(無分配型の投信なら、解約時まで課税が繰り延べになり、有利)

http://investmenttrust.biz/

saomanachi1015さんは、分配金を再投資すれば、いいのではないか?と言いますが、上記のような根本的なデメリットがあるので、毎月分配型はお得ではない、ということです。>分配型は信託報酬が高いので、近づかないのが一番良い

ローン金利は、借金に対する利息
投信分配金は、投資金の払い戻し

特別分配金は元本を払い戻しているだけ、預けたお金が戻ってきているだけ

預金の引き出し額と、借金の利息を比べても意味が無い>分配金大好きなのかもしれないけど投信を正確に理解したほうがいい

この回答が正解だわ。>分配金型が良いか悪いかの論議は別として認識を確認しておきます。
分配金が預金の利子などとは意味合いが異なり,自分が投資した利益を入れた
総資金から支払われておるので,利益を割り金で支払われている場合があって自分の投資額が減っている場合もありますから,分配金の額をどうだこうだと評価することにはほとんど意味はありません。
分配金型が良いか悪いかはそれぞれの状況と考え方の違いです。
投資信託が上昇気味であれば,分配金無のの方が利益が出ますが
逆に下がり気味の場合は分配金有りであった場合の方が損失を抑えることが出来ます。ですから下がりをリスクを考える(抑える)場合は分配型が有利と言えますね。>

投資信託についてですが…

投資信託についてですが…銀行から連絡があり、自動継続した定期預金を投資信託にしたらどうか?と言われました。
定期では利息は無いに等しいが、投資信託では毎月お小遣い位になるのでこちらの方が良いと言うことでした。
そんなに良い話ならやってみても…と思いましたが、全くの初心者なのでいろいろ検索もして見たところ、リスクもあるようなので考えています。
担当の方は、豪ドルやニュージーランド、不動産関連がおすすめと話していました。
心配ならやらなければいいのでしょうが、実際に良いものならやる価値はあるのか?本当のところどうなのでしょうか?初心者の質問ですみません…

定期預金の代替として投資信託を検討する、というお考えは危険です。
全くの別物ですので、投資信託について確りと理解した上でご検討ください。
「よく分からないけど、オススメされたので…」という段階で決断しない方が良いと思います。
以下、一つの情報としてお役立ていただければ幸いです。
●元金投資信託は、基準価額が日々変動します。
つまり、元金が増えたり減ったりします。
結果的に増えることも減ることもあります。
「安くなっているので大丈夫」とか「上がる期待度の方が高い」とか言われるかもしれませんが、その銀行員の予想など信じない方が無難だと思います。
将来の相場を正確に予測するのはプロでも難しいことです。
「絶対に損をしてくない(減ってしまっては困る)」というお考えでしたら定期預金の方が無難ですし、投資信託よりも個人向け国債(変動金利型10年)の方が合っていると思います。
●分配金「毎月○○円の分配金が貰えます」というようなアピールにはご注意ください。
分配金は多ければ良いというのもではありません。
定期預金の利息と違って、分配金は全額が利益とは限りません。
分配金を出しますと、その分は基準価額(投資信託の価格)が下がります。
その投資信託の実力以上の分配金を出している投資信託も多く、その結果として基準価額が大きく下落することになります(元金が減ることになります)。
豪ドルやニュージーランドドルや不動産(リート)関連で上記のようになっている投資信託が沢山あります。
●手数料投資信託には主に購入手数料(買う時の手数料)と信託報酬(持っている間の費用)があります。
銀行員からのご提案ということですので、おそらく購入手数料や信託報酬が高いと思われます。
それが銀行側の収益になるからです。
個人的には“購入手数料なし”で信託報酬も安い投資信託しかオススメしません(購入手数料が掛からない投資信託も沢山あります)。
投資家にとって手数料はマイナス要因です。
将来の損益がどうなるかは分かりませんので、せめて費用だけは安いものを選んだ方が無難だと思います。
上記はあくまで個人的な見解ですし、その銀行員が善い提案をしてくれている可能性もあります。
しかしながら、ご自身で理解・判断できないものには手を出さない方が良いです。
ご自身で理解・判断できるまで何度でも説明を聞いたり調べたりしていただければと思います。
また、そもそも「何のための資金なのか」「何のために資産運用をするのか」という点も大切です。
理由・目的・目標を明確にした上で、そのお金の置き場所を考えた方が良いと思います。
長文失礼致しました。
以上、お役立ていただければ幸いです。

投資信託は儲かりますよ。
銀行がね。

私も投資信託は持っており、投資信託そのものを否定する気はありません。

しかし、その投資信託を買うことで自分がどのようなリスクを負っているのか、どのようなリターンを得られるのか理解できないうちは買うべきではありません。

具体的にいうと、どこの国の株価が、為替相場がどうなれば儲かるのか損するのか。

銀行が売る毎月分配型ファンドは、そのへんが分かりにくいのが多いです。

それに、手数料が高いでしょう。
買付手数料が3%、毎年の信託報酬が1.5%とかあるのではないですか。

だいたい、今の銀行は預金者から預かった金をどうやって運用すればいいか困っている状態です。その銀行が自ら投資せず客に売る金融商品がそう都合良く儲かるものでしょうか。>>投資信託では毎月お小遣い位になるのでこちらの方が良いと言うことでした。

そう言われたのならそれを文書にして銀行員押したものを貰っておきましょう。いざという時に約束はきちんと守ってもらわないといけないですからね。>やるのも結構ですが投信で儲けるためには鉄則があります。

・自分が理解してないものはやるな
・そのとき流行っているもの(業者がすすめるもの)はやるな

です。いまのあなたでは銀行のおサイフにされることはあっても、投信があなたのおサイフになることはありません。

やるんだったらご自分の知識をお付けください☆>もしかりに 投資信託を行うとしても

銀行にすすけられたから

という理由で 行うのはいかがなものか

損した時は 自己責任ですので

誰も 損失をカバーしてくれませんよ

銘柄をよく吟味して

投資を始めるとよいかと思います

そして
投資のお勉強もありますが
リスクの軽減もお勉強

銘柄分散
時間の分散 (ドルコスト平均法など)

お勉強中は自動継続定期でよいかと思いますよ>銀行のすすめは全て断りましょう。
それが唯一の正解です。>

投資信託の初心者です。

投資信託の初心者です。
投資信託の複利について、専門の方あるいはベテランの方に質問をさせて頂きます。
1年前から初めて貯金の目的で(長期、リスクを承知の上)、毎月積立の投資信託を始めました。
選んだ投資信託のタイプは配当金なしの再投資複利のものでした。
証券会社HPにログインし確認をすると、毎日「評価額」が変動しているため、「評価損益」も日々変わっています。
従って、「評価額合計」も毎日変動しています。
ここの「評価額合計」とは、毎月の積立金額と「評価損益」の合計になります。
質問:複利というのは、得た利益で投資信託を新たに購入し、保有口数を増やしていくと理解していますが、1年以上に経っても、現在保有する投信金額は、自分の積立分と「評価損益」分しか見えません。
ちなみにこの投信は毎年の12月決算となっております。
決算するならば、その時点で得た利益を使って新たに投信を購入して口数が増えるはずだが、このように見えていません。
(通常の株式を例えて考えると、株価が高い時に売却し、得た利益で新たに株を購入し、保有株数が増えるのだが・・・)長文になってしまいました。
初心者ですが、質問自体が分かりにくいかもしれませんが、専門の方あるいはベテランの方に投資信託の複利というものは、どう理解すれば良いでしょうか?ご教授お願いします。

<選んだ投資信託のタイプは配当金なしの再投資複利のものでした>いくら再投資型でも分配金が出なければ再投資は出来ません。
当然口数も増えません。
投資信託で一番複利効果が得られるのは無分配型と言われています。
これから想像すれば、投資信託の複利効果は「得た利益で投資信託を新たに購入し、保有口数を増やしていく」だけではない事が理解出来ると思います。
基準価額でも評価額でも良いですが、たとえば毎年10%増えるとしたら増えた分が元本にプラスされますので、増えるパーセントは毎年10%と変わり有りませんが増える金額は年々大きくなって行きます。
これが投資信託の複利効果です。
分配金を出すと、たとえ再投資しても税金を引かれた後の金額で追加購入しますので、増え方が税金分だけ少なくなります。

mckee48linerさん

ご解説を頂き、ありがとうございます。
改めて投資信託を理解するようになりました。>銀行預金の複利とは違いますよ。投信の場合、決算したら必ず分配金をだして利益を還元する、というわけではない。

あくまでも投資金額に対して、時価評価はどうなっているか、で損益を計算するべき。仮に分配金が出たとしてもおまけみたいなものととらえるべき。大事なのは投資元本と時価の比較。>やっぱり全然わかってないねーw
『複利だと口数が増える』っていう認識が間違い!投資信託の基準価額は『純資産総額÷口数』なんだけど、それは知ってる?分配金を出してないってことは、インカムもキャピタルも利益は全部純資産に入って基準価額に反映される!
損したりするのは原資産の価格が下落したり為替で負けたりしてるからだから複利とかとは無関係!
どうしても納得できないなら、毎月分配型で分配金を再投資したらいいのでは??めっちゃ無駄だけどw>再投資じゃない場合は
一旦お金をもらうことになります
この時利益があれば税金を払うことになります
再投資の場合
税金を払わないでそのまま投資をした
税金の部分が複利効果になります>投資信託は、収益も手数料も込みで評価額を計算しています。別建てなら、決算時にプラス配当、マイナス手数料の表示が出ますよね。ほっておいても、勝手に再投資してくれるのが、初心者向けなんです

株の場合は決算ごとに配当が振り込まれますので、自分で再投資、この場合は新たな株を買う必要があります。面倒ですし、配当自身に課税されるので、早めに税金が引かれてしまいます>

投資信託について…

投資信託について…なぜ投資信託の解約は14時までなのですか?銀行で購入した投資信託を解約する時は、その日の14時までに解約しないとその日の終値で解約できません14時を過ぎてしまうと次の日の終値で解約する事になりますが…次の日がかなり下がってしまうと大損ですなんでそういうシステムなのですか?銀行や投資信託会社の事務手続きや手間が掛かる?残業になるからですか?株式市場の15時の終値を見てから解約できるシステムにしてほしいですでないと14時まではイイ調子で上がっていた株価が15時には下がっている事も多いので、終値が出た後に解約できるシステムにしてほしいですこんなんじゃ投資信託買う人いるのか?補足回答いただいたお二人さん、ありがとうございますすいませんが今回の回答ではあまり納得がいく内容ではないのでベストアンサーは付けれませんでした

あなたが投資信託を売却すると投信会社はそれに含まれる株式を売らなければいけません。
15時を過ぎたら市場が閉まってしまうので売れません。
よって余裕を見て14時に締め切っているのでしょう。

大口の解約が出た場合、例えば、運用残高50億円ほどのファンドで15時過ぎに10億円超の解約が出た時なんかは現金の手当てができません。ファンドが借り入れることで決済できますが、他の投資家にしわ寄せがきて基準価格が大幅に変動してしまう可能性があります。

これだけの理由ではないですが、投資家に不公平なく損益を帰属させるためには、どうしても解約のタイムラグが生じてしまいます。あとは事務処理の問題かな?>不平等が生じるからです。

もし15時の終値を見てからその値段で解約できるとしましょう。その解約分の売却は事実上翌日に行わなければなりません。もし翌日が暴落してたらどうなりますか。解約した人は前日の値段で換金だからいいですが、残ったひとは暴落したときに売却になるわけですから、解約した人の分の売却損を背負うことになります。それは本来残った人たちが負担すべきものではありません。

15時以降には重要な情報公開が行われることもままあります。過去に主に海外物などで時差を利用して情報を得てからの解約とかができてしまっていて、実際の市場は数%しか下がっていないのに、解約が大量に発生したために1日で基準価格が12000円から8000円くらいに落ちちゃったこともあります。

そういうことの反省をもとにブラインド方式(解約受け付けは基準価格が決まる前)の採用に至ったのです☆>投資信託には2種類あります。

上場投資信託(ETF)と非上場の投資信託です。

taitai15200229さんが不満なのは、後者の非上場の投資信託ですね。

時価で売買したいなら、前者のETFを売買すればいいのですよ。

非上場の投資信託は長期投資がメインですから、「おおよそ」でいいのです。>投資信託によっては、15時が締め切りのものも多いですが、より終値に近いですね。

ただ、そもそもブラインド方式は、既存の投資家の利益を損なわないために、わざと基準価額が判明する前に購入を締め切る決まりです。

中には構成銘柄の一部を公開している投信もあり、これらの騰落を一覧にしてリアルタイムで見られるようにしておくと、割と精度よく基準価額を予想できますが、本来は予想されては困るのです。>

投資信託の税金について教えてください。

投資信託の税金について教えてください。
・売却益が年間20万円未満なら、所得税15%は払う必要がない。
・分配金は所得税15%は必ず払わなければならない。
現在は口座は源泉徴収ありにしています。
年間の売却益は20万未満の予定です。
源泉徴収なしに変えても、来年からも分配金の所得税は自動的に引かれますか?売却益が20万を超えても、別の証券会社の口座で損失があり、トータル20万未満になるなら自己判断で確定申告をしなくてよいでしょうか?

あなたが普通の給与所得者であり年間20万円未満であれば原則確定申告不要です。
分配金は源泉徴収なし口座に設定しても所得税・住民税ともに天引きされます。
また複数証券会社で損益通算して年間20万円未満になるのであればこれも申告不要です。

投資信託の損益通算と住宅ローン控除の関係について教えて下さい。

投資信託の損益通算と住宅ローン控除の関係について教えて下さい。
会社員で現在住宅ローン控除を受けています。
また2つの金融機関で投資信託の取引を行っており、どちらも特定口座で源泉徴収ありとなっています。
昨年1年間の取引において1つは10万円の売却益が出て税金が源泉徴収されていますが、1つは50万円の売却損が出ました。
損益通算して確定申告を行い、税金の還付を受けようと考えていますが、住宅ローン控除を受けていても還付は可能でしょうか? 住宅ローン控除も損益通算による還付も税金を戻す行為なので、併用できるか確認したいです。
よろしくお願いします。

結論から 可能です。
住宅ローン控除は、税額控除で、総合課税のものではありません。
総合課税 の税額計算分離課税 の税額計算全体の税額を合計した上そこから税額控除をします。
申告は、一度にします。
住宅ローン控除は年末調整でしているのですよね?そのような場合、まず、 株・投資信託は分離課税なので、そこが計算されます。
通算するとー40万になるので、税額は0 となります。
また、-40万は、翌年に損失を繰越しますまた、すでに、約1万5000円 源泉徴収されています。
次に、給与などの総合課税分これは、年末調整された給与以外にないとして税額は、源泉徴収票に記載されている住宅ローン控除前の税額、すでに、その分は引かれている。
それで税額を計算すると、分離課税分 0 総合課税分 住宅ローン控除前の税額合計で、 住宅ローン控除前の税額ここから 住宅借入金控除を引く = 源泉徴収票の源泉徴収税額となり、既に納めている税として株・投資信託の源泉分 + 給与からの源泉分があるので、その差額がもとってきます。
差額は、株・投資信託の源泉分 ですからそれが戻ってきます。

投資信託は申告分離課税住宅ローン控除は総合課税のカテゴリです税金の区分が違うので、投資信託の損益が住宅ローン控除に影響を与えることは無いです。なので、併用というか別々の申請をする必要が有ります。住宅ローン控除は二年目以降は確定申告要らないような気がしますが、不要なら特に確定申告は必要無いです。年末調整時期に書類を会社に出すだけです。投資信託の方は、損失を翌年に繰り越したいなら確定申告が必要です。>

NISA投資信託で100万円をスポット買いして、1年後に103万円になったとして、すぐ売…

NISA投資信託で100万円をスポット買いして、1年後に103万円になったとして、すぐ売却したら3万円利益が得られる訳ですが、ノーロードで買った場合、ほかに何か手数料てきなもの引かれますか?SBI証券です。

投資信託によりますが、信託財産留保が発生します。
いわゆる「残された人達の為に与えるペナルティ」のようなものです。
目論見書に書いてありますので、詳しくは目論見書を見てみましょう。
信託報酬は込みでプラス3万円ですので、この場合は気にしなくて良いです。

信託報酬等除いて3万円の利益が出た場合、ファンドによっては信託財産留保額がかかることがあります。ノーロード投信はかかる場合が多いです。>

投資信託のバランスの計算について。

投資信託のバランスの計算について。
毎月10000円積立投資しようとする前提で、例えば下記の2つの投資信託に、それぞれ5000円/月積立しようとする前提とすると、国内投資と海外投資の分散は、比率を、1:1と考えるのか、1:2と考えるのかご教示ください。
投資信託A ・・・ 国内株にのみ投資、基準価格20000円投資信託B ・・・ 海外株にのみ投資、基準価格10000円取得できる口数が変わりますが、それぞれに5000円ずつ積み立てており、それぞれに同じ割合で投資できているのか、基準価格で投資割合が変わるのか、よく理解できていません。

投資の分散比率は、1:1でしょ。
口数での比率は、1:2。
全く、意味ないのですよ。
これが、分からないなら、投資しないほうがいいですよ。
損します。

何がまったく意味ないのか、それをアドバイスする気がないなら回答しなきゃいいのに。>

投資信託の運用報告書の分配金…

投資信託の運用報告書の分配金…運用報告書には、本来の分配金と本来以外の分配金がいくらだったのかという表記がある箇所があると思います。
そこの本来の分配金がほとんどを占めているのに基準価格が右肩下がりなのはなぜですか?本来の分配金なら普通分配金で基準価格は下がらないのでは?と思ってしまいます。

投資信託は分配金を出せば基準価額もその分だけ下がる。
たとえば1万口当たり100円分配金を出せば基準価額も100円下がる。
ただし基準価額が下がっていないように見える場合も有る。
決算日当日の利益が分配金を上回っていればその差額分だけ基準価額は上がる。
たとえば、20日に1万口当たり100円分配金を出して、それと同じ日の投資信託が得た利益が1万口当たり110円であれば基準価額は10円上がる。
基準価額が右肩下がりということは、得た利益以上の分配金を出し続けているということ。
購入者(受益者)から見た場合、分配金は普通分配金と元本払戻金がある。
普通分配金をもらっても個別元本は変わらないが、元本払戻金をもらうと個別元本は下がる。
個別元本はその購入者が儲かっているか損をしているかの基準、境目。
個別元本より基準価額が上回っていれば儲かっているということ。
その時に投資信託を売ると、利益に対して20%強の税金を取られる。

投資信託に関する質問です。

投資信託に関する質問です。
父親が以前から投資信託をやっているのですが、高齢になり少々認知症も始まったので、兄弟で相談したところ1度信託会社の人を呼んで現状の投資信託の状況を確認した方が良いとの結論になりました。
いくらぐらい投資しているのか、運用状況はどうなのか、父親本人のみが知っている状況で、私達兄弟も投資に関してはサッパリ知識が無い状態です。
たまにニュースで、証券会社の担当に上手く丸め込まれて詐欺やそれに近い事があったりするのを聞くと、父親は大丈夫なのかと不安になります。
投資会社の人を呼んで話をするにしても、何を確認するべきなのか、今後どうする話に持っていくべきなのかが、よく分かっていないのが現状です。
兄弟で相談した内容としては、1、現在の投資金額はどれくらいなのか2、父親が認知症になってきているので精算?した方が良いのではないか3、父が的確な判断ができなくなりつつあり資産の管理は今後どうするべきなのかなどです。
詳しい方や、同様の経験をお持ちの方がいればアドバイスをお願いいたします。

1、現在の投資金額はどれくらいなのか必要ですね。
2、父親が認知症になってきているので精算?した方が良いのではないか精算は営業マンが全力で阻止するか、別の商品の購入やスイッチングを勧めるでしょう。
目の前で客を逃がす営業マンなんていません。
3、父が的確な判断ができなくなりつつあり資産の管理は今後どうするべきなのか相続で揉めませんように。

回答ありがとうございます。父親の年齢的にも、体の状態的にもやりたい事(旅行など)があれば、やれる最後の期間の様な気がしています。これ以上認知症が進めば、何かをしたとしても、何をしているのか、自分がどこにいるのかすらも理解できなくなりそうな感じです。私達兄弟も父親の資産を当てにするつもりはなく、できれば父親本人の為に使って欲しいとおもっているのですが、このまま投資信託を残しておくべきなのか、やめるべきなのか続けるにしても父親の判断が認知症で適正ではなくなった場合、どうするべきなのか、よく分からないのが正直なところです。家族の数だけ答えがあり、一般論的な正解はないのかもしれませんが、同じ様な経験をした方がいればと思い質問しました。>

投資信託売却益の計算について。

投資信託売却益の計算について。
下記の条件の投資信託売却益の計算をお願いします。
購入金額 1000000円購入時基準価格 9680円購入時手数料 1.62%信託財産留保額 0.15%売却時基準価格 10180円NISA利用なし

購入金額(投資金額)100万円、手数料が1.62%ですので、手数料は16200円になります。
投資信託の購入に使った金額(取得金額)は100万円から16200円を差し引いた983800円になります。
購入できた口数は、1016322口になります。
購入口数=取得金額÷基準価額×10000売却時の基準価額が10180円で、信託資産留保額が0.15%ですので、売却価額は10165円になります。
(10180円-0.15%=10165円)売却金額は、(保有口数×売却価額÷10000)で計算しますので、1033091円になります。
1016322口×10165円÷10000=1033091円売却益は、(売却金額-取得金額)ですので、49291円になります。
1033091円-983800円=49291円譲渡益税は、49291円×20.315%=10013円ですので、税引き後の売却益は39278円になります。
49291円-10013円=39278円

投資信託の勉強をしたいのですが、運用報告書を読みこなせたらだいぶん投資信託の…

投資信託の勉強をしたいのですが、運用報告書を読みこなせたらだいぶん投資信託のことが分かるようになったと考えてもよいでしょうか?

むしろ分かり過ぎといってもいいでしょう。
・インデックス型かアクティブ型か・実質の投資先は何になるか・配当金はでるかどうか・信託報酬はいくらか・総資産額はどのくらいかこの5点だけでも把握できれば、投資信託の9割は理解したようなものです。
とっくに初心者は卒業されていらっしゃいますね。
投資信託の選び方が分かれば、次は運用方法についてですね。
来年からは、20年間非課税で運用できるつみたてNISAが始まりますので、ぜひ検討してみてください。
http://tumitatenisa.com/

その通りです
後、スティグリッツの入門経済学、簿記二級取れば世の中の基礎か分かります>もし、現時点で読みこなせていないとしたら、それは「良く分からない」モノに投資していることになるし、将来、儲かるか損するかも「良く分からない」運任せです。

投資信託は何千種類もあるので1つの投信運用報告だけ理解しても、応用範囲は類似の投信だけに限られます。

マクロ的視野で全体像を大づかみすることも大事だと思いますね。>

投資信託の基準価額と分配金について質問です。

投資信託の基準価額と分配金について質問です。
毎年1回、2000や3000円といった高額の分配金が出る投資信託を保有しております。
(分配金は再投資に設定してあります。
)このファンドの投資対象はほぼ100%株式です。
毎年この分配金を支払う度、このファンドは基準価額を大きく下げます。
純資産の一部からも支払うため純資産も下がります。
純資産は設定来右肩上がりを記録しているのですが、基準価額は毎年の分配金支払いによる下落をした後、1年前の基準価額を上回る前に分配金支払い日を迎え、年々下がり続けています。
そこで質問なのですが、大きく基準価額を下げるにもかかわらず、高額の分配金を支払うこの投資信託の、メリット、及びデメリットは何なのでしょうか。
個人的には、投資内容は魅力出来だと感じているのですが、このままの流れが続けば基準価額は右肩下がりを続け、値上がり益を得られる可能性が非常に少ないように映ってしまうのですが、どうなのでしょうか。

この毎月分配型のようなインチキ投信が誕生したのは何故なのか。
金融リテラシーの低い、つまりは素人が毎月分配金が出るのがいいなぁと希望したからです。
毎月お金が出たら生活するのも楽になるし、とね。
マンスリーレポートなんかみたらそんなことができるはずもないのに。
年間インカムで5円くらいしか得られないアセットなのに、毎月50円年間600円も分配金を出せるはずがないことはサルでもわかります。
キャピタルゲインが毎月たくさんあれば可能な月もあるかもしれないが、毎月確定で出せるわけがありません。
そうなると元本から特別分配金として出すしかありません。
その分基準価額は下がります。
でも、素人は意味がわからないから、毎月50円に飛びつきます。
説明しても毎月50円に目がくらみます。
因みに特別分配金は法的に認められているので、インチキではあるが詐欺ではありません。
メリット毎月たくさんお金が貰えて『儲かった気分』が味わえる。
販売する側は良く売れる。
デメリット結局、投資した側は損をする。
毎月お金が貰いたいなら、ある銀行からもう一つのある銀行に毎月定期的に振込むようなサービスを申し込めばいいだけです。
投信でやることで余計な手数料を取られ(金融機関を儲けさせ)る必要もありません。
余計な取らなくていいリスクも取る必要もありません。
素人は恐ろしいです。
金融教育を受けたことのない愚民を騙すのは簡単です。
ファンドの中身が気に入っているのなら、マンスリーレポートをみて組み入れられているその株を自分で買えばいいだけです。

なるほど。勉強になりました。>純資産の一部からも支払うため純資産も下がります??意味不明!一部だと勘違いしてる時点で論外!ド素人向けの本でも読んで勉強し直しなさい!
どうせアクティブファンドだろ!コストも高いんだろ!クソファンドだろ!w お前みたいな金融リテラシーの低いド素人が多いからこういうファンドが存在する!>下がり続けてるならデメリットしかないんじゃないの?>

投資信託を始めたいのですが、何から始めたら良いのかわかりません。

投資信託を始めたいのですが、何から始めたら良いのかわかりません。
やっている方はどうやって情報を得てやっているのでしょうか?やれ信託報酬が安い方が良いとか、ノーロードが良いとか一通りの事はネットで調べてみましたが、他になにか情報源はないのでしょうか?証券会社のネット売買もやった事ありませんので、やり方、証券会社が教えてくれたりするものなんでしょうか?教えて下さい。
宜しくお願い致します。

投資信託ブロガーなど参考にしましょう。
ランダムウォーカーなど。

ID非公開=kuru541君同じ質問は1回だけにして下さいね!https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101824539…>投資信託をやるならそれほど考えることはありません。運用はプロに任せるだけですからね。考えるとしたら株やFXなどと比較して回収率や回収期間かな。
投資信託について知識を深めるなら一冊ぐらい本を買うのも良いです。ネットの情報は本当かどうか怪しい面もありますし、まとまった内容にはなっていないことが多いと思います。>

【投資信託】投資信託のハ゛ンカ゛ート゛S&P 500 ETFをどう思いますか?

【投資信託】投資信託のハ゛ンカ゛ート゛S&P 500 ETFをどう思いますか?https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VOO_JP.pdfこれってどこで買えますか?バンガードよりもっと良い投資信託商品って何がありますか?

ネット証券で扱ってるでしょうSBIや楽天、マネックスなど。
でもS&Pが上がらなかったら儲からない。
投資信託でいい商品なんてほとんどない

投資信託でファンドマネージャーが銘柄入れ替えを行った際、例えば利益が出ている…

投資信託でファンドマネージャーが銘柄入れ替えを行った際、例えば利益が出ている株を売った場合、その時点で所得税は引かれているのでしょうか?

投資信託では中身がどう入れ替わろうと、解約して実際に受けとるまでは税金はかかりません。

投資信託て短期で波があって損得が発生しますが,長期的に見れば

投資信託て短期で波があって損得が発生しますが,長期的に見ればほとんどは基準価額(配当無し換算)が右上がりで10年間ではほぼ増加する傾向にあると思うのですが10年間寝していれば儲かっている人の確立はどのくらいあるのでしょうか。
アバウトで結構です。
損をした人の確立でもおなじですね。
損が10%, 30% ・・・どの程度50%なら半分が損なのでそもそもファンドなどという制度はなりたたないでしょうから。

投資信託って言ったて、結局は株式とか債権に投資しているんだから、株式市場や債券市場が上がれば資産が増えるし、下がれば減るってだけ。
株式市場っていうのは、各企業の経済活動の結果発生する利益を株主に分配するための仕組み。
景気不景気、業績好調不調の波はるし、中には倒産する企業も出るけど、おおむね多くの企業ががんばって事業すれば、株式市場全体としては利益が出る=>株主(投資信託保有者)に利益が還元されるだろうって話です。
だから、長期的には投資信託をもっていれば、資産が増えていくだろうね、きっと・・・って話ですが、現実的にはそうならない可能性ももちろんある。
未来のことは誰にもわからんし。
下の人が書いてるように、1990年ごろに日本の株式に投資してたら、その後ずーーーとマイナスですよ。
同じことが今後絶対に起こらないとは言えません。

見事に騙されましたね。
5年前・10年前の株価は今より低かったから、得しているように見える。
じゃー、15年前・20年前・25年前は、今より株価高かった、損していますよね。
業者は、都合のよい数字だけを選んで出してきます。
あなたは、詐欺に引っかかりやすいです。ご注意を・・・。>設定された時期によって、同じコンセプトのファンドでも儲かっている人とそうでない人の比率は全く違う。

答えようがありません。>日本株投信なら20年間マイナスだよ。きっちり、信託報酬分マイナスになっている。最近流行りの分配型なら20年ももたないと思うヨ>実際にやってみるとそうではない・・

それよりも毎日目で見て値動きの分かる上場投信≪ETFが一番がいいよ・・
人任せが一番よくないよ、投信など裏で何やってるか分からないよ・・良い事は何1つない・・人間ってそんなものだよ・・>

投資信託の分配金についてご意見をお聞かせください。

投資信託の分配金についてご意見をお聞かせください。
現在いくつか持っている投資信託の中で、毎月分配金の出るものが2つあります。
2000万投資して毎月54万出ているAと、2000万投資して毎月41万でているBとがあります。
どちらも特別分配金なので、元本から受け取っている状態です。
単純に考えすぎかもしれませんが、解約時の手数料等は置いといて、トータルリターンがマイナスじゃなければ、利益が出ていると考えていいのでしょうか。
例えば毎月分配金が54万でているAの基準価額が下がって評価額が1900万になり、100万円ほど損を出しているとします。
ですが分配金が2か月も経てば108万円出ているので、損益を考えると損はしていないと考えています。
このようなやり方は長く続かないでしょうが、元本の額が大きければ、短期間で分配金の高いものを保有して稼ぐというのもアリなのかなと思うのですが、間違っていますでしょうか?いま本などで勉強中で、今後は分配金の出ないインデックスファンドをコツコツ積み立てていこうと思っているのですが、いまの商品の保有のしかたに不安も覚えたので質問させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

>トータルリターンがマイナスじゃなければ、利益が出ていると考えていいのでしょうか?その通りです。
>元本の額が大きければ、短期間で分配金の高いものを保有して稼ぐというのもアリなのかなと思うのですが、間違っていますでしょうか?間違っています!特別分配金は、所詮、元本の払い戻しですから、儲けにはならないのですよ。
毎月分配型投資信託は、投資家に不利な金融商品だから、買ってはいけないというのが常識なのに、いまだに、mabo0015081さんのような方がいるとは、驚き桃の木山椒の木ですね。
投資信託は経費率(購入手数料、信託報酬)で大きな差がつく金融商品です。
下記を読んで下さい。
さしずめ、投信Aは毎月分配型、投信Bは無分配のインデックス型、といったところです。
★投資信託 経費率で差がつくリターン投資信託の経費は、投資対象の株式や債券の価格が上がっても、下がっても、必ず、差し引かれます。
従って、期待リターンが同じであれば、経費を抑えることが大きな資産形成に繋がります。
投資信託の経費が資産形成に与える影響を見てみましょう。
経費率が異なる2つの投信について、1万円がどのくらい大きくなるのか?比較してみました。
経費控除前のリターンが年率5%とすると、経費率が高い「投信A」では、1万円が30年後に2万6640円になりますが、経費率が低い「投信B」では4万1941円になり、大きな差が生じます。
*1万円を年率5%(経費控除前)で運用した場合購入時手数料(税込):投信A=3% 投信B=なし信託報酬(税込、年率):投信A=1.5% 投信B=0.1%10年後:投信A=13,584円 投信B=16,127円20年後:投信A=19,023円 投信B=26,007円30年後:投信A=26,640円 投信B=41,941円

ズバっと指摘していただき、ありがとうございました。
また凡例の記載もわかりやすかったです。
基本的にノーロードのものしか購入しないようにしてきましたが、他の手数料も高めですし、毎月分配型はもう止めようと思います。
「間違っています!」とか「買ってはいけない」とハッキリ言ってくださり、目がさめました。
ご回答していただきありがとうございました。
>販売手数料と信託報酬は

自分で株でもリートでも売り買いした方が効率が良いですよ。

毎月分配型は毎月売って現金にする必要がありますから、下がって当然。
毎月分配型は販売する側が固定収入を得るための商品。

止めた方が良いです。

リートの日計りで遊んでいますが、1日5万円利益くらいかな。
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=8958.T
20株で2000円取れれば。>大きく損をしない内に止めたら・・・。

そもそも、向いてないと思います。>保有している分配金を出す投資信託で、儲かっているのか損しているのかを判断するには、過去に受け取った分配金と保有している投資信託の時価評価額を足して、総投資額と比較すればわかります。

過去に受け取った分配金は単純に足し算します。
時価評価額は、保有口数×基準価額÷10,000円で計算します。

分配金+時価評価額>投資額なら儲かっている、分配金+時価評価額<投資額なら損していることになります。

以上は、あくまでも単純な計算になります。実際の売却時には、信託財産留保額が設定されている投資信託は基準価額が割り引かれるので評価額が少し下がります。

分配金を出す投資信託は「悪」みたいな風潮がありますが、全てそうだとは個人的には思いません。中には、収益み見合った分配金を出している投資信託もあると思っています。しかし、それを見つけ出すことが難しく、結局銀行などにとって都合の良い商品だけを売りつけられるのが現状だと思います。>トータルリターンで見るのは 正しいです。

毎月分配型は 売る方は確実に儲かり、効率が非常に悪いので お奨めできません。たとえ トータルリターンで儲かったとしても、毎月分配型でなければ その1.2-1.5倍以上は 確実に儲かりました(複利と課税繰り延べ効果を 大きく阻害)。

金融庁も問題視していて、できるだけ 無くそうとしてます。次期積み立てNISAでは 排除されますし、毎月分配型が売れているのは 他の国と比べて金融リテラシーの低い 日本だけです。他の国では ほとんど売れてません。>分配金は毎月解約しているだけです。普通分配の時は利益確定、特別分配は損切りしていると単純に理解した方がいいです。基準価額を見ている人が多いですが、投資信託は基準価額も分配金も運用とは無関係です。この仕組みをわかった上で購入されることをおすすめします。分配金は自分のお金が帰ってきてるだけですよ。>

投資信託のリスクについて教えて下さい

投資信託のリスクについて教えて下さい私は3年前に「個人向け国債」(10年変動型)を1000万円購入してます。
先日、ゆうちょ銀行の方から、その国債1000万を「投資信託」の運用に切り替えませんかと強く勧めてきました。
分配金とかいう配当金が多いのが魅力です(年6回)。
「このファンドの安定型タイプは、国内債券の比率を高くしているので、リスクは小さいから安心して下さい」みたいなことを言ってました。
私は金融商品について詳しくありません。
現在、どうしようかと迷ってます。
日経平均株価も2万円を超えている今、買う時期としては正しいのでしょうか。
投資信託などについて詳しい方、アドバイスをよろしくお願いいたします。
※ゆうちょ銀行の方が勧めてきた投資信託の商品名は、「野村世界6資産分散投信・安定コース」です。
<野村世界6資産分散投信・安定コースの投資割合>■国内株式5%■国内債券60%■外国株式15%■外国債券10%■国内リート5%■外国リート5%

先の方々は全うなことを仰られています。
まず銀行や証券会社の人を信用すべきではありません。
彼らには個人顧客との利益相反を乗り越える意思は無く、手数料目当てに投資商品の乗り換えを勧めてくる傾向にあります。
勧める投資商品といえば手数料の高いものばかりで、中身も変なものが多いです。
投資信託自体が悪いわけでは無く、選び方の問題です。
まずは手数料の問題。
購入時手数料、信託報酬、信託財産留保額の3つが主なコストです。
ネット証券で購入手数料無料、信託報酬0.5%以下でインデックス投信が買えます。
次に投資対象資産の問題。
野村世界6資産分散投信は国内債券が多いですが今の時期に史上最高値圏にある国内債券を大量買いするのは素人か日銀のどちらかです。
とは言っても、株が良いかと言われれば何とも言えないです。
株の場合でも少額投資から始めるべきです。
私のお薦めはネット銀行での定期預金(1年)です。
個人向け10年変動も良い商品ですが、現在利率が0.05%とかなり低いです。
対してネット銀行の利率は0.2~0.3%程度あります。
ただ個人向け10年変動は中途解約時に利子の一部が徴収されることには注意。
個人向け10変動の利点は、マーケットでの金利上昇時にともに利率が上がる事です。
定期預金は固定金利ですが、1年ものであれば、金利上昇に対応しやすい期間です。

アドバイスありがとうございました。
金融機関の窓口で投資信託を買うと手数料が高いので、
今後、もし投資信託を購入するときは、ネット証券で買おうと思います。>酷い投資信託ですね。

買付手数料1.62%、信託報酬(毎年かかる手数料)0.6696%はご存知でしたか。

国内債券の比率が高い(60%)ことをメリットのように説明されたのでしょうが、それも大問題です。
6月末の月次レポートには、国内債券の最終平均利回りは0.2%とあります。
運用の中心となる国内債券の利回りは0.2%なのに、手数料が0.6696%もかかることはご存知でしたか。

分配金が多い投資信託は素人に売りやすいのですが、分配金は利息ではありません。元本を切り崩しているだけです。自動的に部分解約する頻度が高いことは魅力ではありません。

日経平均株価がどうこう言う前に、この投資信託は論外です。

もし、株式投資信託を買いたいなら、窓口に人間がいる金融機関はやめましょう。
SBI証券か楽天証券に口座を開き、1000万円の個人向け国債のうち100万円か200万円を売却して、株式100%の投資信託を買いましょう。
買付手数料無し、信託報酬0.3%以下の、TOPIX連動のインデックスファンドが無難です。

債券や株式に幅広く投資するバランスファンドは、何が理由で儲かったのか損したのか分かりにくく、投資判断が難しくなります。

資産のうち安定運用したい部分はこれまで通り個人向け国債10年変動が最適だと思います。>ゆうちょの店頭で買ったら購入手数料が1.62%だろ!で信託報酬が年率0.6696%!この手数料を払うような価値は無い!クソファンドだからな!
てかゆうちょの奴は相場なんて何もわかってないド素人!あんたみたいな金融リテラシーの低いド素人向けに分配金をエサにした営業しかできない!ただ手数料を取りたくてすすめてるだけ!
その分配金は預金の利息や国債の利子とは違う!分配金が出るとそのぶん基準価額が下がる!だからそれは利益とは限らない!国内債券部分の利回りは0.02%程度!分配金どころか信託報酬すらカバーできない!外国株が好調だから基準価額を何とか維持できてるけどそれが無かったら基準価額はボロボロ!分配金を貰って喜んでたら投資元本で大損してた!ってなるのがオチ!
そんなクソファンドを買うぐらいなら個人向け国債のままのほうがマシ!>リスクはあります。儲かるかもしれないし損するかもしれない。値動きのリスクだけではなく、銀行には手数料、投資信託には運用資金がとられます。国債は余計な金はかかりません。銀行から見れば、国債なんかやってる人と取引しても利益が出ない。手数料かかる商品を売ってなんぼの商売です。分配金は、ファンドの資産を切り崩してるだけです。最近は、金融機関でもこんな指導がありますよ。顧客に分配金の多さ=お得とうたって売りつけていましたが、実際には資産を切り崩してるに過ぎないため、利益でも何でもないのに錯覚を与えている問題です。買うとするならば、手数料やらいろんなコストを支払って、元本割れする可能性も理解して、それでも得するかもしれない可能性に賭けたいと言うとどこまで理解して買ってもらいたい。>分配金=利益では ありません。利益でまかなえない場合、元本を削って 支払います。複利効果と課税繰り延べ効果を損ない 効率が良くありません。金融庁も売るなと言ってます。これは 隔月分配ですが、悪名高い「毎月分配」と大差ありません。

販売手数料1.62% 信託報酬が毎年0.67%程度取られます。
http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2005100301

私なら 絶対に買いません。投資信託は リスク小さくても 元本割れの危険性もあります。

販売手数料ゼロ 信託報酬0.4%以下の商品が 他に沢山あります。投資判断は 自己責任でお願いしますが、私なら それを買うか、国債を継続します。>投資信託は、運用会社と販売会社が儲かる仕組みになっていて、投資家が損をする商品です。>

投資信託について

投資信託について投資信託はFXや株に比べるとリスクは、低いのでしょうか投資に詳しい方教えて頂けると幸いです宜しくお願い致します。

投資信託は4千くらいあるので、全部チェックしたわけでは ありませんが、一般的には 分散されているので、個別株の現物取引よりは 危険性は低いと 思われます。
FXは やり方によると思います。
レバレッジ1倍でやれば 投資信託の値動きの激しいものよりは 安全かも知れません。
ですが 最大の25倍でやれば、一般的に投資信託の方が 安全でしょう。

回答有難う御座います私は、全くの素人で
初めて投資を考えてます
田舎に住んでるので郵貯銀行での取引を
検討してるのですが郵貯でも
良いでしょうか それとも他に
素人でも良い会社が有りますでしょうか
厚かましくて申し訳ないのですが
教えて頂けると幸いです。>

投資信託で質問です。

投資信託で質問です。
この前、保険の見直しをしていた所、アクサ生命に、外貨建て変額終身保険というのがあり、資料をみると豪ドル建で、平均5年ぐらいで150%になるとあります。
豪ドル建グローバル分散型とあるのですが、本当に150%だと魅力的なのですが、保険が付くと契約初期費用8.5%が引かれたり、終身が入っている分全てを運用に回せないデメリットがあります。
そこで、投資信託のみで、同じような運用は出来ないかとネット証券会社に尋ねましたが、豪ドルみたいに外貨建てで運用しているものはなく、全て日本円での扱いになると言われました。
投資信託で豪ドルみたいに外貨建てでやっている物は無いでしょうか?また同じ様な条件であるとしたら、どこの証券会社で何というファンドになるのでしょうか?素人なので質問内容がおかしかったらすみません。

①「豪ドル建」ということと、②「グローバル分散型」ということで、アロケーションファンドとかバランスファンドみたいな、中身に色々入っていて勝手に運用してくれるものという2点を満たした商品ということでしょうか?「バランス型投資信託 豪ドル建て」検索してみたら、いくつか出ましたよ?ネット証券会社でも、扱っている商品に限りがあるので、聞いた先で取り扱う中には無かっただけではないでしょうか。
ちなみに、「しあわせずっと」という保険商品だと、②を満たしていませんが、①の豪ドル建て+利益確定機能付きで、初期費用型ではなく解約控除型(自分の都合で10年解約しなければ手数料なし。
両替に50銭ずつはかかる)なので、ちょっと近いかも?。
※ちなみに、「150%」について最近の「過去の運用実績(もし過去から運用してたらこのくらいになる)」の資料は、日米の株価や為替相場が大きく動いた(日経平均7500→19000とか、ドル円85円→110円、米株18000→21000の)超好条件下で「このころ運用してたら」の試算かと思うので、あまり今後の予測にはアテにできないものが多いと思います。

色々、調べて頂きありがとうございます。参考にさせて頂きます。
150%というのは最近の20年間の間での5年間を試算している内容との事です。150%になるには、平均で5年、最長で10年という試算が出ているそうです。>分解して考えましょう

あなたのやりたい運用は何ですか?

株、債券、REIT、コモディティ、先進国、新興国、グローバル、個別、インデックスなどなど
円建てでお好きに運用しましょう
どうしてもアクサの組成にしたいなら、
月次レポートを見て、近い資産割合になるよう調整して真似すれば良いかと

為替リスクも取りたいなら、
大体同額の豪ドルを保有しておけば良いと思いますよ

当然、保険と同じく150%の保証などありません
元本割れ、半値が当たり前の世界です

それが嫌なら投資などに手を出すべきではないです

または、保険会社に高い手数料を支払い続けて、不要な保険料を差し引いた残りを元本確保して貰うのも一手ですが、
代わりに運用効率は極めて非効率になります
自分で運用すれば得られたはずの運用益を没収されるだけに終わる可能性もあります

ご参考まで
あくまで自己責任で御願いします>「SBI証券 業ドルMMF」でググるだけの簡単なお仕事です>

投資信託とは、ある銘柄(例えば外国株式とする)にお金を預けると投資家さんが良い…

投資信託とは、ある銘柄(例えば外国株式とする)にお金を預けると投資家さんが良い株に投資をしてくれる、というシステムですよね?では、1.私たちは時代の流れに応じてその銘柄を定期的に見直さなくても、投資家さんがその時々で時代の流れを汲んだ株に投資してくれるということですか?すなわち、私たちは安心して任せっきりにしておけば良いのでしょうか?2.投資家さんは毎月投資先を見直しているのですか?全く的外れな質問をしていたら申し訳ございません。
勉強させてください。

自身も資産運用しており、証券会社や銀行員の知り合いが多いので、参考意見としてお聞き下さい。
1、それは、銀行員や証券会社員が客に販売するときのうたい文句です。
必要な資格持って売買していれば、運用成績悪くても誰でも「プロ」の肩書きがつきます。
一般的に証券会社や銀行で販売している投資信託の目的は、1に手数料、2に手数料です。
客の資産は3の次で、損したときの決まり文句は「リスク商品ですので上下します。
」「基本的には、投資は自己責任となります。
」です。
2、見直す投資信託と見直さない投資信託があります。
日本で一般的に販売されているものは、決まった商品で見直さないものが多いと思います。

投信には2種類あります
1.アクティブ・ファンド
市場平均を上回る事を目的とする。信託報酬は高め
2.インデックス・フアンド
市場平均を真似する事を目的とする。信託報酬は安め

後は、対象となる物の違いです。日本か米国か、株式か債権かリートか。質問者はアクティブ外国株式をイメージされているのかと推測します

日本で売られている投信は約3000本あります。その特徴としては
1.テーマ物が多い(今はこれが人気です)
2.信託報酬が高い(売る人も運用する人も大儲け)
3.運用期間が短い(1.が原因)
4.運用実績が良いものが売れない

つまり、直ぐに潰れる、馬鹿高い手数料を取られる、儲からない商品ばかりって事です。とても安心してお金を預けられるものではありません
先の書き込みに補足いたしました>>投資信託とは、ある銘柄(例えば外国株式とする)にお金を預けると投資家さんが良い株に投資をしてくれる、というシステムですよね?

違います!
前提が大違い!

あつまった資金から毎年定率の報酬をもらうための、合法詐欺商品です。
販売している金融機関は買い付け初期と毎年と、報酬が定率でもらえます。

顧客が儲かるかどうかの視点なんて、30年前からありません。>

投資信託の定期換金

投資信託の定期換金今日の地元新聞にありました記事の内容は確定拠出年金の様ですが確定拠出年金とは書いてません知ってる方いたら教えて下さい

地元新聞ってだけじゃ誰もわかんないでしょ??w よくわかんないけど『投資信託の定期換金』ってところから推測するとターゲットイヤー型ファンドのことかもね!

投資信託のeMAXIS の購入しようと思いっています。

投資信託のeMAXIS の購入しようと思いっています。
マイゴールキーパーマイディフェンダーマイミッドフィルダーマイフォワードマイストライカーの5つを同金額づつ積立で購入した場合、これは分散投資になりますでしょうか?また、投資信託だけで分散投資するには、どのような商品が適していますか?よろしくお願いしますm(__)m

質問者様が選ばれた各ファンドは、eMAXISシリーズのバランスファンドですが、アセットアロケーションを変化させて、ローリスク&ローリターンからハイリスク&ハイリターンまで好みによって選ぶことができます。
5つに同額ずつ積み立てるということは、結局アセットアロケーションを平均化していることになると思います。
また、リスクやリターンも同じだと思います。
分散投資にはならないとは言えませんが、そこまでこだわる必要もないのではと思います。
わざわざ構成の異なる複数のバランスファンドを購入して、結局平均化されてしまうなら、信託報酬がより低いeMAXIS Slimeバランス(8資産均等型)にしたほうがいいのでないでしょうか。
以上、細かく調べたわけではありませんが、あくまでも個人的な意見です。

結局は平均化されるということですね。わかりやすく教えて頂きありがとうございます。eMAXIS Slimeバランス(8資産均等型)も調べてみます!ありがとうございました!>

投資信託について質問です。

投資信託について質問です。
リスクが伴う(最悪、トータルでマイナスになる)ことは承知しています。
ファンドの行く末がどうなるのか誰にもわからないのも承知しています。
うたい文句として毎月〇万円を積立して、年率〇%の利回りで〇年間運用した場合、資産は〇万円になります。
というのがありますが、現実問題そのようになるのでしょうか?年率20%の利回りもざらにあります。
資産が3倍になったというのもあります。
そのようになる確率の方が高いのでしょうか?あるいは、そこまでいかずとも損額にならない程度に儲かる確率の方が高いのでしょうか?実際に投資を何年も続けていらっしゃる方にはぜひご回答いただきたいです。

数字とは過去の話です。
バブルも経験しましたので世の中に絶対は在りえない。
との考えです。
可能性は「国策を参考」少子高齢化の時代ですから人手不足を補うにはどうすれば良いのか?北朝鮮よりも中国が厄介だがどうするつもりなのか?パンナムもつぶれた日航もつぶれた東芝も瀕死。
シャープも身売り三菱自動車も日産に買収された。
石炭産業なんて見る影もない。
人口ボーナスと言う言葉が在る様に人口が増えている地域は発展が見込まれ人口減少の地域は衰退が予測されます。
「先を予測する知能」が要求されるのです。
この先数年はロボットは廃れない気がするのですが、如何予測なされますか?日本のロボット技術は世界一ですけど。
リーマンショックやニクソンショック、オイルショック、ドルショック等「予測されない劇的な不景気」も度々発生して居り、今の景気は米国の景気回復と円安、財政出動 日銀株式買い入れによるものであり「総量規制で不景気突入」した事実も在ります。
「バブル崩壊」は自民党の政策で発生した事実も忘れてはいけません。

「ノーロード、パン アジア高配当株式フォーカスが普通分配で200円。

5月に100万円購入
現在残高111万9095円 
この先どうなるかは不明。
>数字の計算は過去の実績からはじき出してる可能性が高く、将来も同じような結果が得られるとは限らない。

1年で20%か、10年で20%なのか?>>毎月〇万円を積立して、年率〇%の利回りで〇年間運用した場合、資産は〇万円になります。
>というのがありますが、現実問題そのようになるのでしょうか?

これはわからんよ。まともな経済政策をすれば株価は上がるし、アホな経済政策をすれば株価は下がるだけ

>年率20%の利回りもざらにあります。資産が3倍になったというのもあります。

リーマンショックからそろそろ10年だから、最近10年間の結果が3倍になっているものもあるよ

リーマンショック後の最安値からの数年間を見れば年率20%もある

売り手は勧誘しやすいように、どうとでも情報は加工できるわけ

変な人が毎月分配型と結びつけているけど、こいつはコピペ回答者なので無視しましょう

まあ、手数料が安く、株価が上がっていく企業を買っている投資信託を買えば、儲かる確率は上がるよ>投資先 構成銘柄 運用方法 でしょう。

投資先 ひとつ Softbank と、言うのを昔。

数字は ???♪♪♪。

個人的保有

昔は 買ったのが 評価額 倍越えて。

投資先判断。
此れから 上昇期待。
時価が仮に倍になり…
下落して 低迷中なので♪

そして 口数が 二百万口程度になれば♪
毎月分配再投資 契約。

楽に 今の四倍…

投資金額 数十万。

投資金額の、10倍に♪♪♪

皮算用希望予想
先にも書きましたが
投資先判断。

更に 放置していた…>年率20%の利回りなんて、毎月分配型でしょう? 利益で足りないと 元本を取り崩します。つまり嘘の利回りです(だまされる人多い。最近は大部分元本払い戻しだそうです)。

短期的にはともかく、長期的(5-10年)に平均年率20%の利回りなんて、通常は不可能です。米国でバフェットの例(50年の平均)がありますが、他に例がないので 伝説になってます。

そのバフェットも 最近はあまりパッとしません。通常の投資家になってしまったと言う人もいます。

ですが、コストの安い投信に 適切に資産分散すれば、年平均3-4%複利で 長期間回すことは、それほど困難ではありません。>15年ほど前に購入した中国株投資信託は数年で3倍になりましたね
今はビットコインががんがん上がってます
そういえば20年ほど前ににグラム1000円台前半で購入した金地金は現在5000円です

投資で一番難しいのは辞め時です
こればっかりは自分で損失くらって涙目になりながら何回か経験するしかありません
最初は少額で勉強(損失)してみてください

私は儲けた分の半分程度は失敗(損)しています>

投資信託に関しまして、信託財産留保額が徴収されるファンド、徴収されないファン…

投資信託に関しまして、信託財産留保額が徴収されるファンド、徴収されないファンドの違い、特徴は何なのでしょうか?教えてください。

投資対象の流動性が高いか低いかです。
運用として流動性の低い投資対象をやってると意図せざるキャッシュフローは邪魔でしかありません。
サクッと売買できればおKですが流動性が低ければ安値を叩いて売るしかありません。
なんで流動性が低い投資対象をやってるファンドはそういうのやめてねって意味で信託財産留保が設定されているのです。
あとはそのファンド会社の営業方針☆

投資信託で累積リターンが30%の場合、年利何パーセントの利益でしょうか?

投資信託で累積リターンが30%の場合、年利何パーセントの利益でしょうか?そのまま30%と考えていいのでしょうか?年利1.3?2%のリフォームローンを組むか、投資信託を解約してリフォームの資金にするかで考えています。

下記のリターンで 一年の利回りが43%と見られたのですね。
http://www.morningstar.co.jp/FundData/Return.do?fnc=2012052801解釈自体は間違ってません。
この1年で43%もの 利回りがあったのです。
私も年初に買った ひふみ年金は27%くらいの含み益になってます。
同じカテゴリー(日本中小型株?)の投信も 非常に儲かってます。
環境が たまたま非常に良かったからです。
ですが、chibiran2さんも おっしゃるように、今後もこれが続くと言う保障は 全くありません。
個人的には5年間平均の28%の利回りも あと1年くらい続けば、大変ラッキーくらいの感覚でいます。
(なので利確しないで少しですが、ひふみ投信 ひふみプラス等買い増ししてます)何年のローンか知りませんが、1年位ならともかく 10-20年のローンだったら 私なら組みません。
すみませんが、投資判断は 自己責任で御願いします。
ひふみも 43%は無理でも 年5-15%で上がり続けるかも 知れませんし。

ご回答いただき、ありがとうございます。今が特別な状態ということは理解はしているつもりですが、今年から始めたので、感覚的にはずーっとこんな調子で上がり続けるのかとどうしても錯覚してしまいます。利回りの解釈が分かりましたので、安心しました。色々鑑みて判断したいと思います。いつも適切なアドバイスをいただき、ありがとうございます。>それが何年かかっているのかによります☆>

投資信託についての質問です。

投資信託についての質問です。
SBI証券にて投資信託をしたいと思っています。
投資信託では分配金を全て再投資にまわします。
投資信託の売却は考えていません。
この際「NISA預かり」と「特定預かり」のどちらにするべきか教えて頂きたいのです。
宜しくお願いいたします。

NISA預かりだと5年間税金がかからないのでベターです。
ですが、売却をせず長期間保有するなら、来年から始まるつみたてNISAをぜひご検討ください。
非課税期間が20年もあります。
http://tumitatenisa.com/今までのNISAとは全く別制度で分かりずらいですが、3つ目の選択肢ができたようなイメージです。

まずは非課税のnisaで購入し、あふれる分は特定で買いましょう。>

投資信託で増えた金額をどうすれば?

投資信託で増えた金額をどうすれば?投資信託をしています。
証券会社に毎月の積立で15000円。
13か月で22000円くらいになったということは30000円近く増えたという認識でよろしいでしょうか?仮に増えたとしたらこのまま継続していくことで増えるかもしれないし、経済状況により減るかもしれないということですか?利益を確定して、また再度積立を初めて利益を積んでいけばいいのでしょうか?詳しいことがわからないので、質問ばかりで申し訳ありませんが、ご回答いただけると幸いです。

基準価額が高いときに利益確定し、基準価額が大きく再投資できれば理想的です。
ただ、株価がどうなるかは、プロでも難しいです。
nisaを使わなければ、税金がとられてしまいます。
また下がったら、不安になり売ってしまい、上がったら買いたくなって買うと、損しがちです。

投資信託をきちんと把握していないのに購入するなんて、ありえません。リスクも把握してないなんて。解約した方がいいです。>あなたがやっているのは闇雲にやっているならギャンブルです。私なら他に投資し直しますね。>投資信託は、特殊な商品は除き、基本的には長期投資(20年、30年・・・)です。短期で売買するものではありません。特に「積み立て」投資は超長期に運用するもので、解約するものではありません。目先の値動きに惑わされず、超長期に積み立てて下さい。下記ブログを読めば理解できますよ。http://randomwalker.blog19.fc2.com/>

投資信託、NISA、イデコ

投資信託、NISA、イデコ初心者です。
決算日には、何がどうなるんでしょうか?配当金が出て再投資基準価額が下がるという感じですか?今勉強目的で10万円分S&P500を買ってプラス4000円ほど含み益があります。
課税口座です。

具体的な商品名(ファンド名)を正確に書いてくださいね。
S&P500に投資するファンドなら、分配金(投資信託では配当金はありません)は出ないことが多いです。

iFree S&P500インデックスです。これ以外にS&P500に連動する投資信託ってありますか?分配金は出ませんよ。どうなりますか?教えてください!>

資産運用(FX・株式投資・投資信託)で失敗して解決したことがある方に質問です。

資産運用(FX・株式投資・投資信託)で失敗して解決したことがある方に質問です。
上記の資産運用を行った時の、失敗談から解決方法まで詳細を教えていただきたいです。
内容としては・なぜ失敗したのか?・どのくらいの損失(値段など)?・どうやって解決したのか?・今後気を付ける事

投資信託・運用会社のセミナー講師やFPのお奨め通りに 投資信託を買った為。
税別販売手数料3.0-3.5% 信託報酬1.2-2.0%とバカ高かいのを買わされた。
効率の悪い毎月分配型投信を 売りつけられなかったのが、せめてもの救い。
あれは 複利効果と課税繰り延べを損ない、効率悪いと言われた。
・10年間以上積立保有して(途中から積立も止め、別の販売手数料ゼロ 低信託報酬のものを積立開始) トータル平均10%くらいの利益。
その間の金利を考えると実質は大赤字、年平均1%も行かない。
・ほとんど海外の株式型だったので(一銘柄のみコモディティ)、円安時を見計らって、販売手数料ゼロ 0.6%以下の低信託報酬のものに一銘柄ずつ徐々に乗り換え。
トータル利益20%を目標に解約したが、後半は半分くらいだったり ほぼトントンだったり。
・自分でもよく勉強して、必ず自分で判断するようにした。
基本 利害関係のある人(証券会社や銀行 保険の販売代理店やFP等)の、お奨めはよく確認してから買った方が無難。
ほぼ買う方が不利な金融商品ばかり。

投資信託

セミナー だけで、購入。

あきれ果て 放置。

気がついたら 評価額は 倍に。

市場を 再確認。

此れからの と、判断する。

皮算用 此れから 数倍は?

数十万投資が 三桁が♪

株式も、含め

1勝99敗。

株式の優等生
買値の四倍近いか♪>tamasi2525 ←このカテマスの詐欺師に要注意。
為替カテに張り付き、自分が開発したという基準値どうたら手法で高確率で勝てると豪語し、大儲けできると言葉巧みに誘い込み、最終的に手法を教えてやるから対価に金をよこせと、高額な金銭を要求してきます。

FX初心者に付け込んで、手法を売りつけてくる詐欺商材師tamasi2525に注意。>失敗する要因は知識がない。損小利大を考えない。チャンスを待たない。この3つ>テレビで、よく宣伝している証券会社で、歴史もあり、駅の近く
大手だと思って、信用したが、1パーセント金利かつくといわれ、
元本保証といわれ、母が信用してしまった。
ハンコをおしたら、小さい字で投資信託。>はい

これ人類永遠の課題です
FXや投信はやりません

AAA 自己の欲張りです &
日本放送のMORGANとの日本で初めての不正契約(株価が下がれば下 がる程MORGANの儲けが多くなる契約です)
これは<本来大蔵が罰ス>べきものです

BBB ライブドア株で朝350万程儲けて昼飯を食べて眠くなり
目が覚めてPCを見ると急降下中 もう3時まで直ぐ
投げ売りで500万の損 計150万円の損です

CCC 解決策はその分だけ保証金を取られました
そこで日本株は止めました

DDD 欲張らない事
有頂天にならない事
上がってくると用心する事
みんながDOW、東証最高値と言う時売り払う事
株に永遠はない
自分のルールを守る事
信用取引をしない事
発掘すること、これは今は情報過多で非常に困難、実行不可能か(自分で
発掘する代わりに親会社を見て買う
昔CANONやTOYOTAを120円や250円で買って上がると
すぐ売った
ALI健康 3HK$と中国のやはりALIの子会社で中国国家の
宝籤販売や政府関連事業0.8HK$の保有
15円換算で11円ですか
大化け株ー人生最後の楽しみです
中國頼みです>

今現在投資信託をしているのですが、このまま持ち続けるのか、解約してそれを元本…

今現在投資信託をしているのですが、このまま持ち続けるのか、解約してそれを元本にNISA、積み立てNISAに乗り換えるのか悩んでいます。
どちらにもメリット、デメリットあると思いますが、このままどうしていいかわかりません。
何かアドバイス宜しくお願いします。
これからも長期運用を考えています。
補足現在 保有しているのは三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)です。
?このままこれは持ち続け、NISAでも購入する。
?これは解約して、元本にしNISAに変更。
?これ以外。

投資判断は 自己責任で御願いします。
あと5年以上 やられるのでしたら、NISA、積み立てNISAに乗り換えるのを お奨めします。
長期でやれば 利益出やすいですし、NISA等なら 利益に課税されません。
それと 販売手数料を取るものや信託報酬の高すぎる物(目安0.4%超)だったら、乗り換えた方が いいと思います。
今は 販売手数料ゼロ 信託報酬0.4%未満のが 沢山あります。
そんな投資信託だったら、即乗り換えをお奨めします。

私なら このようなバランス型でなく、株式型かリート型にします。

国内債券型は NISA以外でやるのが、合理的です。金融資産全体で バランスがとれれば いいのです。

金利の低い 国内債券型や外国債券型は、利益に課税されない利点を ほぼ捨てる事になります。>投資信託って言っても詐欺商品から優良品までピンキリですから何を買っているかによるのでは。>

投資信託の購入について

投資信託の購入について現在ザジャパンの年4回決算の分の購入を検討しています。
ザジャパンが好調だったようですので、年4回の分を買おうかと思っています。
分配金がでるのがちょっと気になりますが、マザーファンドが同じなら大丈夫かと考えています。
基準価額がまだ上がっていないので買うなら今かなと思っていまsが、みなさんの意見はどうでしょうか?知識が中途半端ですのでご教示いただければと思います。

その、基準価格が安いとか高いとかで判断するものじゃないんですけどね。
ザジャパンがよければ、分配金のない実績のあるやつを買えばよい。
過去は過去、購入してから上がるかどうかの問題。
基準価格が10%変動すれば、基準価格の高い低いにかかわらず、ちゃんと変動するようにできてますよ。

下記サイトで「期間10年」と指定して検索してください。JPM「ザ・ジャパン」よりパフォーマンスが良いファンドが一杯ありますよ。http://www.morningstar.co.jp/FundData/FundRankingReturn.do>まだ悩んでいるのか>

投資信託について質問です。

投資信託について質問です。
今、月桂樹と夢美月を購入しているのですが五年ぐらいで結構マイナスです(私的に)銀行は、長い目で見たほうがいいというのですが私的には、もうこれ以上損したくないのですがやっぱり長い目で見たほうがいいのですか?まったくの素人なのでご指導お願いします。

月桂樹と夢美月・・・いずれも、悪評高い「毎月分配型」投資信託ですね。
panshovelworkさんは、「毎月分配型投資信託は買ってはいけない」という常識をご存じないのでしょうか?日本で販売されている毎月分配型投資信託は大半が「タコ配」(元本の取り崩し)という欠陥商品(詐欺商品)です。
panshovelworkさんが買われた2つのファンドも欠陥ファンドです。
損をするだけ(儲かるのは銀行だけ)ですから、大至急に解約すること。
下記サイトを紙に印刷して銀行の担当者に見せたらいいのですよ。
★夢実月の評価http://investmenttrust.biz/mitsubishiufj-godorusaikenincomeopen.htm…投資信託のような金融商品は銀行では買ってはいけない、というのも今や常識です。
下記サイトを読めば納得できますよ。
http://best-times.jp/articles/-/7206今後、投資信託を買う時は、ネット証券会社に口座を開設し、下記サイトで推奨されている投資信託を買ってください。
①分配金を出さないこと ②購入手数料は無料 ③信託報酬は0.3%未満なことhttp://noload.558110.info/

毎月分配型は理解して購入するならいいですが勧められままに理解せずに購入するのは危険な商品です。毎月分配型は非効率で損が一番出やすい投資信託です。すぐに解約した方が良いです。しかし、少し他の人達とは違う事書きますが、基準価格はマイナス続きですが分配金を合計した場合はお涙程度ですが儲けが出ていませんか。毎月分配型だから必ず損する、と言われますがそんなことは無く利益が出てる商品もあります。>どちらも 信託報酬1%以上で、業界平均で これの半分程度は、販売(銀行)側に行っています。なので 解約してほしくないのです。または 乗り換えさせて、また販売手数料(2-4%)を荒稼ぎしたい筈です。

(現在のような低金利の債券型で 1%以上も信託報酬をとられたら、ほとんど儲からないと思います)

どちらも 毎月分配型で、複利効果と課税繰り延べ効果を損ない 効率の悪い投資信託です。金融庁から 「経済的合理性がない&顧客本位の営業方針に反する」等で 売るなと強く指導されてます。なので 最近はかなり販売額が 減りました。

投資判断は自己責任で 御願いしますが、私なら即刻全解約して もう二度とその銀行からは買いません。

今は 販売手数料ゼロ 0.4%以下の低信託報酬のが 沢山あります。>

投資信託の利回り、1年、3年、5年、10年とそれぞれ違いますがどう理解すればいいの…

投資信託の利回り、1年、3年、5年、10年とそれぞれ違いますがどう理解すればいいのでしょうか?

>5年利回りより、10年利回りの方が低いのはどうしてなんですか?5年と言うと、「2013年以降」になりますね。
10年と言うと、「2008年以降」になりますね。
日本株でいうと、直近5年間の値上がりが大きいので、5年間の利回りが大きく出ています。
http://www.morningstar.co.jp/FundData/FundRankingReturn.do投資信託を評価する場合は、可能な限り長期間の利回りで判断すべきです。
5年利回りより、10年利回りが高いファンドを買うべきでしょうね。

投資信託は、
ファンドが株や債券等を購入して収益を上げますが、
年を通して、企業が儲かった年もあれば、
今の様にアメリカがゴタゴタしている時は、
その株価は低迷状態が続きます。

なので、良い時、悪い時があるので、
それぞれ、違います。

また、その時の資金を運用していた
担当者のセンスでも変わります。

株価のチャートは知ってますよね。
日経平均株価というチャートを見てください。
ずっと、同じじゃないですよね。

事件・事故・戦争・いろんな事で
企業の儲けも変わります。

それらの株からの収益も変わるんです。>その投資信託を、x年前からずっと保有し続けていたと仮定した時のリターンでいいんじゃないでしょうか。設定来という、発売当初から何パーセントというものも同時に示されますね。>

投資信託は口数が増えたほうが良いのですか?

投資信託は口数が増えたほうが良いのですか?口数がよくわからないので詳しい説明お願いします。

投資信託の口数は、その投信の量と考えればいいと思います。
より多くの量を買い付けることで、基準価額の値と併せて評価額が決まります。
基準価額が高い時は少ない量、安い時は多くの量を買い付けて、一口当たりの購入価格を平均化する方法がドルコスト平均法で積み立て投資の神髄です。

口数の増える増えないは 良い悪いに全く関係がありません。毎月分配型の投資信託は、元本も分配するものも多いので、基準価額(1万口あたりの価格)はどんどん下がります。

分配金再投資に設定していると、口数は増えていきますが 分配金を含めても損している場合が多いです。

投資総額で判断すべきで、もらった分配金を含めて 本当に儲かっているかどうかは、トータルリターンで判断できます。

毎月分配の投信で 分配金をどんどんもらい 本当の損益がどうかわからなくなる場合が多いので、金融庁がトータルリターン掲示を義務付けしました。>口数とは、その商品の量です。

イメージとしては、人でも良いです。

例えば、あなたが会社の社長だったとして、

従業員の1人が、1日に稼いでくるのが2万円で、
その人の給与を払って、残った金が5000円だとしたら、
社長は、何もせずに5000円手に入れることができます。

じゃー、従業員を5名にしたら、
同じ様に稼いでくれば、社長は5000円×5人分の利益
25000円を手に入れることができます。

じゃー、10人ならば、5000×10=5万円

この様に、従業員の「数」になる部分が「口数」です。

多ければ、多いほど、得をしますが、
売れないと、その数の分、大きく「損」もします。

なので、必ずしも口数が多ければ良いかと言うと、
その投資信託の「騰落率」(勝ちの割合)も
良くなければ、損が多くなります。>

投資信託や株式投資等についての、基本的な事項をお勉強したいと思っています。

投資信託や株式投資等についての、基本的な事項をお勉強したいと思っています。
為替は通算10年ほどやりましたので、大体の動きは理解したのですが、投資信託と株式投資は初心者ですので、しっかり基本をマスターしておきたいと思っています。
よく売れている、ベストセラー的な本がございましたら、お教え下さい。
バイブル的な本と申しますか、大筋の処を押さえてあるもの、あればいいなあ・・・!

初心者向け:内藤忍の資産設計塾中級者用:バフェットの本全般PSR分析

売れてるのはウォール街のランダムウォーカーとか
バイブルならグレアムの証券分析>https://media.rakuten-sec.net/articles/-/10112>バイブルをお探しなら、エルダー博士の「投資苑」「投資苑2」がお勧めです。

下記3Mに付いて、教科書的にしっかりと記述してあります。

マインド:心がけ…群集心理に惑わされない強い精神を鍛える
メソッド:チャートのテクニカル分析の勉強
マネー :資金管理の方法>

投資信託で運用成績が良く配当金も高いところを挙げてください。

投資信託で運用成績が良く配当金も高いところを挙げてください。

過去1年間の運用成績ランキングがあるので、ご参考に。
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/funds/ranking/?sort=return投資信託では配当金は出ません。
投資信託では、分配金が出るケースがあります。
しかし、分配金を出している投資信託は碌でもないファンドなので、近寄らないのがベターです。

存在しません。
何故なら、配当の中味に問題在り?>投資信託に配当金というものはない。そんな事も分からずにやるもんじゃないわ。配当金と分配金は別物、何が違うかお前分かるか?運用実績なんてランキングみりゃ分かるだろ?そんなの見て儲けれるんだったらみんな儲けれるし、ランキング上位しか売れんだろ(笑)考えたらすぐ分かるもんだけとな。勉強してからやれよな。>

投資信託のNISAって人気がないと言いましたが一番デメリットは投資による損得勘定…

投資信託のNISAって人気がないと言いましたが一番デメリットは投資による損得勘定ができないからですか?

まだ日本人が投資に対してマイナスイメージを持っているからだと思います。
投資全体でみても日本人の投資割合も低いです。
そして制度自体を知らなかったり名前だけしか知らない、という人もいます。
NISAや積立NISAの宣伝は銀行や証券会社や投資の雑誌に載っている程度なので目にする機会も少ないです。
損得勘定は損益通算の事で書いていると思いますが、NISAや積立NISAだけをしている人では言葉の内容を理解していない人は多いと思います。

日本人は元々投資には向いてないといっていました。>損得勘定ができないと日常生活さえおぼつきません☆>損得勘定って何?損益通算くらい勉強してから質問しような。>

投資信託をやろうと思い楽天口座を開設したのですが、何を買えばいいかわかりませ…

投資信託をやろうと思い楽天口座を開設したのですが、何を買えばいいかわかりません。
どうしたらいいですか?

楽天証券に口座を開設したなら・・・楽天証券のWEBサイトで「投資信託」をクリックすると、投資信託の人気ランキングが出てきますよ。
上記ベスト5から選んだら宜しいのでは?https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/?l-id=product-nav_fund

1位のひふみプラスの値段が42,235円と書いてあいますが、値段がそれなんですか?>投資の本を図書館で順に借りて読んでからの方がいいのでは?>手数料が安く、購入手数料がかからないのから始めてみては。>

投資信託について教えてください。

投資信託について教えてください。
ある証券会社のHPの投資信託にレオス-ひふみプラスという商品がありました。
開始時は12000円だったのが現在は40000となっています。
つまり価値.資産が3倍以上になったという事でしょうか?開始時に120万円を投資したら今は資産が400万になり280万円の資産が増えた。
解約すれば200万円以上の儲けが出るという事でしょうか?

そういう事です。
投資信託は1万円スタートなのでひふみプラスも開始時は12000円ではなく10000円なので現在では40000円を超えているので資産が4倍以上になったと言えます。
解約時にも手数料などが掛からないので現在の基準価格から購入時の基準価格をの差額が儲けになります。
ただ、その儲けから税金が20.315%掛かるので税金を引いた額が実際の儲けになります。

投資信託を始めてみようと思っているのですが…。

投資信託を始めてみようと思っているのですが…。
証券会社の方から二つの投資信託を勧められてどちらか迷っています。
1(東京海上・ニッポン世界債権ファンド(為替ヘッジあり))2新光ピムコ・ストラテジック・インカム・ファンド)このどちらかが良いと言われました。
投資信託に詳しい方どちらがお勧めか教えて下さい。

商品がどうこうというよりも、金利が上がるかも?みたいな局面で、あえてやるようなものでもないと思う、ふたつとも。
なぜに今それなの?ってのが個人的な感想。

どちらがおすすめか?というのは、あなたの考え方によります。 上記の二つを勧められてるというのは1?定期より若干いいくらい1%位で良い。2?五年くらい長期で置きたい。3?下がるのが怖い。4?分配金が欲しい。というニーズに応えたものだと思います。インカムファンドは為替変動がありますので、為替の動きが影響します。個人的には二つに分けるのも勉強になると思いますが、どちらも「儲けたな!」と実感はわきにくいものなので、お若ければ株式ファンドとわけてもってみてもいいと思います。>こんにちわ。

証券会社のおすすめとかは微妙かと思います。自分で判断して決めた方がいいですよ。

参考までに以下どうぞ。

・ひふみプラスがおすすめです。
https://mezaoku.com/hifumipurasu/

・投資信託の実績です。
https://mezaoku.com/category/sisanunyo-jisseki/tosshi-shintaku/>日本株で攻めたいなら ひふみ長期でコツコツやるならeMAXIS slimシリーズ全世界株に分散投資したいなら楽天VTそれ以外のオリジナルはいらない。オリジナル出したいなら株やったほうがいい。>どちらも却下です。信託報酬などのコストが高いです。>>証券会社の方から二つの投資信託を勧められてどちらか迷っています。投資信託に投資する場合、対面販売型の金融機関(銀行や総合証券会社)に行ってはいけません。ネット証券会社に口座を開設し、自分で銘柄を調査し、投資することが肝要です。対面販売型の金融機関は手数料が高いファンドを薦めてきますから、顧客にはマイナスになるのです。2つのファンドはどちらも債券に投資するファンドです。信託報酬が高過ぎます。また、債券だけでは資産は増えません。よって、2つのファンドは却下になります。★東京海上・ニッポン世界債権ファンド(為替ヘッジあり)http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2015022504★新光ピムコ・ストラテジック・インカム・ファンドhttp://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2009123001ネット証券に口座を開設し、下記サイトに書かれているファンドを購入すればいいのです。購入手数料は無料、信託報酬は0.3%未満・・・です。http://www.fundoftheyear.jp/2017/>

投資信託の儲けについて質問です。

投資信託の儲けについて質問です。
証券会社のサイト等でよく利回りとみますが、結局、投資信託も株同様、売買益と配当金のみが利益であり、利息ではないですよね?売買益と配当金のみが利益であれば、投資信託を長期保有しておくメリットが理解できません。
なぜ、長期保有することがメリットなのでしょうか?教えてください。

株式投資の収益機会は、売買益と配当金ですが、投資信託は売買益と分配金です。
投資信託の場合、配当金ではなく「分配金」なので間違えないでください。
投資信託を長期保有するメリットは簡単です。
株式が1000円から2000円に値上がりすると、投資信託(株式に投資する)も、1000円から2000円に値上がりするのです。
(信託報酬など手数料は省きますが)また、投資信託の基準価格には株式の配当金も含まれるので、より値上がりします。
個別銘柄の株式への投資は当り外れが大きいですが、投資信託には100前後の銘柄が含まれているので、リスク分散になり、当り外れが少なくなります。
株式投資の銘柄選定に独特の嗅覚を持ってる方以外は、(株式に投資する)投資信託がベターだと思いますよ。

長期保有に売買手数料以外さしてメリットはないですが、長期で積立と累積再投資するのなら、メリットはあると思います。
個別株では売買単位の倍数を買うしかありませんし、配当が貯まるまで次の投資ができません。>投信は買付時に申込手数料がが3.24%程度かかる場合があります。頻繁に買い換えるとコストが高くつくという意味でのメリットです。ちなみに投信の分配金は純資産から払われるので分配金の有無、大小は利益とは無関係です。>